FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05
27
Category : 最新情報
北海道クラブユース選手権(U?15)

対 WEST

前半 0-4
後半 2-1 2-5 負け


対 カスカベール

前半 0-0
後半 0-0 0-0 引き分け


一勝二敗一分けと 勝ち上がるには厳しくなってしまった。

球際の弱さ、ルーズボールが拾えない、簡単に奪われる等、、、、

改善すべき所はたくさんある、練習に多く参加し克服することが次につながる、

次の試合では内容、結果共に良い報告がしたい。
スポンサーサイト
2008.05
23
こんばんは、独り言が多くなってきたチュウです。


<一流は見えないところでも一流です。>

僕はサッカー選手である以上、

   スポーツマンである以上、


   一流であるべきだと思います。



サッポロボーイズはクラブチームです。


クラブチーム=サッカーだけ、礼儀あいさつなどができない。

ではなく、

クラブチーム=技術、人間的にもスポーツを通して向上する。

となることを心がけています。



今日の低学年のトレーニングは、、、

スタートの20分を<一流の選手としてどうあるべきか?>

などのいくつかの質問やお話、

あいさつや集合時のトレーニングをしました、


大事なトレーニングの時間を、費やし土台を学ぶことには、もったいなくはありません。


小さい時から一流のサッカー選手として育ってほしいものです、



一流選手になるためには、、、


1.練習の準備は自分ですること。

2.誰にでも気持ちの良い挨拶ができること。

3.遊びと練習のメリハリをすること。

4.勉強もサッカーも、常に全力でやること。

5.送り迎えなど、親に感謝の気持ちを持つこと。

6.一人で寝ること

7.電気が付いていない部屋を怖がらないこと

8.コーチにわざとボールをぶつけないこと。

9.コーチが噛み噛みでも笑わないこと。

10.トレーニング中、「おっぱい!おっぱい!」いわないこと。



?、、、後半なんかずれてるなぁ、、、



僕はまだ、韓流でも、、一流でもありません。


俺流の未熟者です。




でも、子供たちと一緒に<一流>に向かいたいと思います。



一流、、、、、、、、、、、、

二流、、、、、、、、、、、、

三流、、、、、、、、、、、、


やっぱ一流でしょ!!

ねっ!?



トレーニング中、おっぱいでテンション上がる、


ボーイズの金の卵たちよ、、、

2008.05
21
Category : 最新情報
北海道クラブユース選手権 予選

リーグ1回戦  サッポロボーイズ 対 エスペラン   

前半 1-0
後半 2-0 3-0 勝ち


リーグ2回戦  サッポロボーイズ 対 岩見沢ジュニアユース

 前半 0-1
 後半 1-1   1-2 負け


Aブロック?Dブロックの7チームのリーグ戦、上位2チームが全道進出 

そしてリーグ3位の中の3チームも全道へ、、、

残り4試合すべて勝って、<サッポロボーイズ全道進出>を決めたい。
2008.05
19
今日から中央区のトレセン(トレーニングセンターの略)が始まり、ボーイズの選手も何人か参加しています。

今日は初回ということもあり、集まった全員がなんとなくよそよそしくて、お互いの関係も手探り状態。


そんな選手たちの初めての共同作業、ゴール運びの時間がやってきました。



重たいゴールをみんなで懸命に持ちます・・・



そんな中、聞きなれた声で、



「そっち側そんなに人数いらないしょ!!!」



という、的確な指示(文句?)が・・・・



普段と違う環境の中で、普段と同じようなことを言えるとは、頼もしい!!



トレーニングの中ではどうだったでしょうか?



このようなせっかくの機会をいかして、もっともっと、頼りになる選手になっておくれよ。


川内
2008.05
19
本日行われた全市指導者会議では、来月行われる大会の抽選も行われたので、報告したいと思います。

U11 山崎七郎杯 中央区予選 6月7日(土)予選リーグ、6月14日(土)決勝リーグ

予選Aブロック ボーイズ、幌西円樹、伏見、日新 
 
 → 上位2チームが決勝リーグ

 → 決勝リーグ上位2チームが全市大会


U12 全道サッカー少年団大会

Aブロック 1回戦 VS YFC 6月29日

 → 4回勝てばブロック優勝、全道へ



がんばろう!!
2008.05
19
今日、全市の指導者会議があり、川内が参加してきました。


昨日まで行われていた会長杯の結果が配られ、それによると優勝コンサドーレ札幌、準優勝平岡南が全道大会への切符を手にし、幕を閉じたようです。



今回のタイトルにあるように、何がおめでたいかというと・・・・




準優勝した平岡南には、ボーイズのサッカースクールに通っている選手が2人いるのです!!!


この選手たちのことは、1年以上も前から知っているので、僕もうれしいし、祝福したいと思います。


おめでとう!!!全道でもがんばってください!!






でも、次回のスクールで、彼らがそれを自慢してきたら・・・





いじめちゃうかも 笑
2008.05
16
こんばんは、アイポッドに落語が入っている23歳チュウです。


今日サッポロボーイズU15、中学生のユニフォーム+ジャージがそろいました!

ユニフォームは以前見ました。


皆なんていうかな?

「ドキドキ」

U15「おっ?! 結構しぶくない?」

U15「エンブレムかっこいいね?!」



、、、、、「あ?責められないでよかった?」

と心が小さい僕です。



そして今日は、問題のニュージャージ!

このジャージには賛否両論。。。

いえ、沢山の疑問の声、、、、、



ダンボールから、ジャージを取り出す僕、、、

ドキドキ、、、、、

?、、、!、、、、



「なかなか、渋いじゃないですか?!!!」

僕的には、上はえんじ、下は緑という下の緑がかなりインパクトがある!

そしてエンブレムもえんじにワンポイントの緑、なかなか、映えている!

子供たちも、スタッフもなかなかいいとの声



いや?よかった!僕がほんと責められなくてよかった!(笑)




でも!よかったで終わってはいけません!


ユニフォームは格好いい!だけどチームは、、、では意味がありませんね!


ユニフォームも格好いいしチームもいいチームだ!とならなければだめなんです!


サッカーは服のデザインで勝負するんではない!



「サッカーはサッカーで勝負するんだ!」



お?!、、、、、、、、、、、、、、、名言ぽいじゃないですか?



-追伸

迷言ではありません、

名言でもありません。

、、、、、、、、

命言です。
2008.05
13
こんばんは、ボーっとしていて、エスカレーターを反対から乗り、転びかけたチュウです。



<スライディング>

僕はこのプレーが大好きです。

プレーの最後の手段として、ボールに向かって飛び込む、あきらめない、気持ちをこめる。

僕が一番得意なプレーです。



低学年のトレーニング中、僕はスライディングを好みます。

また子供たちも、僕が好むのを密かに知っています。



去年のトレーニング中のことです。


「うわあ!足が?!」

「イタっ!!」

「お前わざとだろ!」



ええ、まさに地獄絵図。

フィールドで子供たちがバタバタ倒れていきます、、、、、


戦争映画ばりの、演技のような倒れっぷり、、、


君たち、そろそろハリウッドからオファーがくるね。

、、、、、


いやいや!これはもう僕の責任でした(汗)


その後、スライディングについて話しました。

スライディングはボールに向かうこと。

相手が憎くてしないこと、、、等



これが、去年の話です。




さて今日の練習。。。



今日はすぐにゲームのメニューです。


お互いのプライドがぶつかり合う、一進一退の譲らない名勝負。。。


まれに見る緊迫したゲーム、、、いや!これは戦いだ!


そうバトル!!



ゴール前だ!

と思えば、体を投げ出しゴールを死守。


シュート!

と思えば絶妙のタイミングでスライディングクリア。


引き分けの笛だ!

と吹こうとしたら、審判に睨みをきかし、ロスタイムを長くしろとの空気。


審判はもう、「レッズと100回戦ったら、君たち1回勝てるんじゃないの?」

と妄想しながらニヤつく審判、、、



いやあ?、フェアプレーでありながら、激しく厳しくのナイスゲームでした!!



僕はよく思います。

スポーツは楽しくプレーするもの。


しかし、その楽しさとは

ミスに対して笑って終わってしまう、

お互い控えめにやって、のほほ?んとプレーする、



確かに楽しい事は楽しいですが、僕は思います。

それが<真の楽しさ>なのか?


僕が思う<真の楽しさ>とは、

お互いが、ルールにのっとり、激しく、厳しく、全力でプレーをする、

真剣勝負の中の楽しさです。

それが、スポーツの<真の楽しさ>だと思うのです。

なので

ボーイズスピリット7<激しく!そして、楽しくプレーしよう!>

があるのです。


小さい時から全力でプレーする姿勢はこれからも忘れないでほしいですね!

でも、、、、、、、、



子供たち一丸となって審判に全力で睨みをきかす行為は、、



ハリウッドからオファーはきません!!


2008.05
10
Category : 大会結果速報
vs 伏見

夕張遠征での課題であった、ボール際での競り合い(特にファーストボール)を意識することを確認し、試合に臨んだ。相手ボールでのキックオフ、この時点で相手に対するプレッシャーにスピード感がなく、嫌な予感が。
試合前に確認したファーストボールに関してはだいぶ改善されたものの、一進一退の展開。ボーイズは前線のゲンヤ・リョウヤがドリブルで仕掛けるものの、相手DFラインを突破することができない。また、公式戦の緊張感からか、いつもより簡単に(ノージャッジで)蹴ってしまう場面が多くみられる。

逆に伏見はボーイズDFラインのサイドにできたスペースを簡単に使い、ゴールに迫る。GKガクが冷静なプレーを見せ、ゴールを守るものの、前半15分頃、カウンターから一気に攻められ、一度はガクが防ぐが、そのこぼれ球をつめられ、失点を許す。

後半はまず1点とることを目指し、攻める。中盤ではタイセイがボールを拾い、パスを配給し始める。左サイドからリョウヤがドリブル突破からシュートにいく、さらにゲンヤが中央からドリブル、2・3人は交わすものの、シュートの段階でDFに寄せられ、GKを脅かすには至らない。
最大のチャンスは後半10分過ぎ、右サイドを突破したソウタがタッチライン際までもちこみ、そのボールを拾ったゲンヤがマイナスに折り返す、そのボールの先にはリョウヤが!
しかし、伏見DFの厚い壁に阻まれ、シュートははじき返される。
その後も攻めるが、前がかりになりできたDFの裏のスペースを使われ、攻められるも、タイキ、トモキが懸命に追いかけ、ゴールを守る。
残り5分、CBに入っていたトモキのポジションを上げ、得点を狙うが・・・

結局ゴールは奪えず、試合終了。0?1で一回戦敗退に終わってしまった。



勝負である以上、勝つチームと負けるチームがあるのは必然。

大事なことは、結果が出た後に、その結果をどうとらえ、どうしていくか。

このままでは、終われない。


川内
2008.05
05
Category : 大会結果速報
夕張メロン旗三日目、今日も交流試合から。vs 稚内 ●
交流試合ということもあってか、なんとなく気が抜けたような試合。寄せが甘く、失点を重ねる。最後に左サイドを突破したリョウヤが角度のない位置からゴールを奪うものの、順位トーナメントに向け不安が残る。

順位トーナメント一回戦 vs 札幌ジュニア ●
交流試合、そして前日までの反省を踏まえ、最初からボール際を激しくいくことを確認し、気持ちを高めて試合に臨んだ。その気持ちが前面に出て、良い試合の入り方ができた。何度かDFラインを突破されるものの、ファインプレーをみせるGKガクを中心にギリギリのところでゴールを許さない。攻めてはトモキから長いボールが出始め、そのボールに反応したゲンヤが右サイドを切り崩し、ポストに当たるシュートを放つなど、惜しい場面がありながら決め切れない。前半は0?0で折り返す。しかし、後半開始5分頃、失点。この失点に気落ちしてしまったのか、連続失点。結局ゴールも奪えないまま、一回戦敗退に終わってしまった。

交流試合 vs美原・新川 △
前半は完全にこちらペース、中盤ではタイセイが所狭しと動き回り、ボールを拾う。それに連動して、リイチからも良いパスが配給されるようになってきた。前線ではリョウヤ、ゲンヤが積極的にドリブルを仕掛け、特にゲンヤはハットトリックの活躍!後ろではトモキが中央を固め、二日目から右サイドバックで新境地を開拓しつつあるシュレンが必死に相手にくらいつき、オーバーラップの動きまで見せる。前半は完全に主導権を握っていたのにも関わらず、それが1試合続かないのが今回の課題。後半は一転して攻められ続け、結局追いつかれ引き分けてしまう。

交流試合 vs岩見沢中央 ○(雨のため途中で打ち切り)
この試合でも相変わらずボールに絡みまくるタイセイが見事に左サイドから相手DFラインをドリブル突破し、先制点!それに負けじと今度は右サイドからゲンヤがドリブル突破、冷静にサイドネットに決める!この良い流れの中で成長をみせたのがカイエ、連続してボールを追っていけるようになり、激しくボール際を戦っていた。


今回の夕張メロン旗では、公式試合では結局勝つことができませんでした。良い試合をできる力はあるのに、勝ちきれなかった、勝たせてあげることができなかったことは、僕の力不足であり、非常に悔しいです。
しかし、選手たちはこの三日間で目に見えて成長しました。それはオンザピッチの部分もそうですし、オフザピッチの部分でも、一緒に三日間を過ごしたことで、多くのコミュニケーションもとれていたように思います。この大会に参加したことは、間違いなくプラスであったと感じます。

来週にはすぐ、会長杯が控えています。この三日間で得たことを決して無駄にしないように、そして今度こそ「勝利」を掴むために、取り組んでいきたいと思います。


☆いろいろな形で応援してくださったみなさん、ありがとうございました!
 そして、ともに戦った夕張ジュニアのみなさんにも感謝です!

川内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。