RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
26
Category : 大会結果速報
一回戦
vs 北野台 ●0?4

夕張でのクラブFのチームをベースに、今回は11人制での試合。

クラブFでできるようになってきた、粘り強い守備を今回も前半は見せることができた。
一失点は喫したものの、そこであきらめることなく試合を進める。
するとだんだんと相手DFラインの裏へと効果的にボールが配給され始め、抜け出したソウタがGKと1vs1になる場面が何度があったものの決めきれず。
後半になってもまずは同点を目指し攻めるが、相手のロングボールから2失点目。これで集中がきれてしまったのか、追加点を許し、4失点。
「まだ終わってないぞ!!」と声を掛け合う(これは今回の収穫です!)が、結局このまま試合終了。


試合後にも話しましたが、負け試合にも関わらずそのことをきちんと受けとめていない選手が何人も居たことは残念。

U10の選手はすぐに札幌市の大会、5年生もじょうてつ杯がすぐあります。
ひとつひとつ、取り組んでいきましょう。


☆応援に来てくださった皆さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
2008.08
23
小学生の夕張合宿、中学生の夕張合宿、そして静岡遠征と、今月はほとんど家にいませんでした。

ジプシーの川内です。

題名にもありますが、14日から19日まで、「全国少年少女草サッカー大会」に参加するため、静岡県の清水に行ってきました。

中身の濃い5泊6日で、非常に楽しい遠征でした。その様子を何回かに分けて報告したいと思います。




今回のチームは、ボーイズ、常盤さん、北郷さんの3チームが合同した特別チームです。
(ちなみに、先月のニセコで行われたベルコカップに参加しベスト4の成績をおさめました。)


14日、7:00新千歳空港集合。揃いのTシャツを着た選手たちは、うきうきわくわく。飛行機に乗り、羽田に降り立ちます。
うきうきわくわくの選手たちに、まずここで本州の洗礼、外に出た瞬間、北海道とは明らかに違う空気が・・・そこの空気は重かった・・・今回選手たちを苦しめる、「暑さ」が待っていました(途中の休憩では、カキ氷を食する選手たちが多数いました・・・)。
本州に遠征に来た!!という感じですね。

この日のメインイベントは、ジュビロ磐田の練習見学!!
ジュビロショップでグッズを購入し、ジュビロの練習場へ。

去年の静岡遠征でもジュビロには来ていますが、今年はフルメンバーが揃っていました!!
ゴン中山選手を筆頭に、名波選手、田中誠選手、上田康太選手、加賀選手・・・
書き始めたらキリがありません。
感激・・・

練習後、ボーイズの選手たちは特別にグラウンドの中に入ることを許され、近くで選手たちを見ることができました。

すると・・・
続々と選手たちが来てくれます!
まずは駒野選手(札幌ドームでの日本vsウルグアイでもスタメンでしたね!)、そして犬塚選手、成岡選手、カレン・ロバート選手、さらには川口選手まで!

サインをもらい、写真を撮るなど、選手たち(いやいや指導者も)にとって良き思い出になったことは言うまでもありません。

特に、川口選手は10年以上前から代表選手ですよね。
アトランタオリンピックでブラジルに勝ったとき、日本が初のワールドカップ出場を決めたとき、日本のゴールを守っていたのは川口選手でした。
当時中学生(!)だった川内にとって、川口選手は憧れの存在です。
そんな川口選手の前では、川内も子どもになってしまいました・・・・


ちなみに、僕は名前を「かわぐち」とよく間違えられますが

顔も川口選手に似てるって言われます!

いや、言われてました・・・小学生の頃ですけど(^^;

今は似てないのかなあ・・・




つづく

2008.08
19
Category : ランキング
低学年7月のMVPの受賞です!!

低学年7月MVPは、、、、、、、、






文二です!!




おめでとうございます!


文二は幼稚園年中さんから初めて1年がたちました。

一つ、二つ学年が違うお兄ちゃんたちに加わり、あたりまえのようにトレーニングしてきました、

7月の大会では、あともう少し、、、

というシュートシーンもありましたね!

この頃は、ボールタッチ、周りを観る、仕掛ける等

お兄ちゃん顔負けのプレーも出始めてきました。

これからが、楽しみな文二!

おめでとう!!
2008.08
13
釈由美子のブログばりに連続更新している川内です。



U11クラブフェスティバルが行われているのと同時期、

U15も夕張で合宿を行っていました(U12が合宿したのと同じところです)

彼らの夏休みの宿題を手伝うべく、川内も一緒に泊まっていました。

そこには、川内の大学の同級生で、サッカー部のマネージャーさんだった佐野さんも参加してくれました。


昼間はきつい練習を行い、つかれきったU15の選手たち。

一階は佐野さん、二階は川内と分担し、何人かずつ分かれて勉強をしてました。



川内が担当する二階は、川内のせいなのか、きゃっきゃきゃっきゃしています。

「今から本気だす!」

「そんなのもわかんないの!?」

「・・・わかった!!俺頭いくね?」

などなど・・・良く言えば楽しく和やかに、悪く言えば学級崩壊気味に、予定の90分が過ぎようとしています。


その中で、一階に降りてみました。

「あれ?なんか静かだな・・・・」

と思ってドアを開けると、そこにはテーブルをいっぱいに使い、鉛筆を握り、黙々と課題に取り組む選手たちの姿が・・・


そしてその後ろには、腕組みをして彼らを見守る佐野さんの姿が・・・オーラが出てました。


やはり、誰が指導するかで選手たちの様子は変わりますね。

そこにいるだけで、睨みをきかすだけで課題に取り組ませる、有無を言わさない佐野さんのオーラ。

僕もそんなカリスマ性が欲しいと思った夜でした・・・



2008.08
13
Category : 大会結果速報
夕張で2日間に渡って行われたU11クラブサッカーフェスティバル。

周りを見渡せば強豪チームばかり。

臆することなく挑みましたが、結果的には歯が立ちませんでした。

1日目は予選リーグ。

プログレッソ、ジュントス、函館トレセンの順で戦いました。

合宿では「守備」をテーマに取り組みましたが、それを実践するにはまだまだ練習不足。

どの試合も、個人技に勝る相手に対してなすすべなく失点を重ね、気づいてみれば「野球か!」と突込みがあってもおかしくないスコアに。
4チーム中4位で交流リーグに進むことになりました。

2日目の交流リーグの一戦目はユーベル。

前半は気持ちの入った守備で失点を許さず(決定的なピンチはかなりありましたが)
逆にソウタとのワンツーで抜け出したタイセイが今大会初ゴールをゲットし、前半を1?0で折り返します。
しかし、同点とされたところで集中力が切れたのか、後半だけでまたしても大量失点。
その流れは2戦目の藻南FC戦でも断ち切ることができませんでした。

そして迎えた最終戦、相手は石狩FC。試合前に具体的に試合の目標を決め、挑みました。
ユーベル戦の前半でみせていたような守備がよみがえり、攻めてはタクムがハットトリックするチャンスを得ながら、結局決めきれず。
しかし、後半も粘り強く戦い、今大会初の勝ち点1、失点0で大会を終えました。


閉会式では、チームの優秀選手として3年生ながらDFで奮闘したショウが選ばれました。

ボールに対し積極的にチャレンジした姿勢が評価されたようです。



今大会では、3年生から5年生までで参加し、それぞれがそれぞれの立場で良い経験ができたと思います。

試合に対しどう取り組むか、どう準備するか。

試合に出ているとき、出ていないとき、それぞれどうするか。

試合に出るためには、どうするか。

試合で活躍するには、どうすればいいか。

試合に勝つためには、どうすればいいか。


今大会を無駄にすることなく、今月のトラック協会杯につなげていきたいと思います。


今大会、夕張までたくさんのみなさんが応援に来てくださったにも関わらず、良いところをみせることができず、申し訳なく思っています。

応援ありがとうございました!
2008.08
13
八月も気づけば10日を過ぎ、夕張合宿も先週のこととなりました。

その車内でのこと。

普段は低学年をチュウコーチ、高学年は僕川内が担当しています。

けれど、夕張合宿の移動の際は、車の関係上僕は低学年中心に乗せていきました。

多分、低学年の子たちを乗せたのは初めて。

朝昼晩関係なく、わいわいがやがやとても楽しそうでした。


彼らが特に一つになって盛り上がるのは、歌うとき。

特に、『ごくせん』で流れてたAqua timezとか、

『ルーキーズ』で流れてたGreeenとか。

替え歌で大熱唱してた彼らは、

僕が好きなaikoの歌には

「こんなの知らない!」と言い、

「もう一回かけて!!!」


そしてみんなでまた熱唱(替え歌で)



結局、ほぼその2曲で夕張から札幌まで帰ってきました。


とっても楽しそうだったからいいんですけど、

僕の青春が詰まったaikoさんの歌を、

「こんなの知らない!」

には、やはり自分の年齢を感じました・・・



ジェネレーションギャップ。



そんな歌もありましたね・・・V6の

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。