FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
29
Category : 大会結果速報
2009年6月28日

予選リーグ一日目

? vs 江別ユニオン ●0?4

非常に暑く、給水タイムもとられる中での試合。
5月の夕張メロン旗で決勝進出、先の会長杯でもベスト16、シードのユニオンに対し、前半は球際での激しさを見せ、守備に関しては非常に良かった。何本か決定的なピンチもあるものの、失点0で終える。しかし、後半開始早々にFKから失点、そこから攻めようとしたところを逆に失点を重ね、初戦黒星。

? vs 清田南 △1?1 得点:たいせい

前半、1試合目より相手陣地でプレーする機会が長く、シュートにいく場面、ライン際まで攻め込む場面が増え、CKから決定的なチャンスも迎えるが決めきれない。逆にカウンターから危ない場面をまねいてしまう。0?0で迎えた後半、またしても開始早々、奪ったボールをつなぐことができず、ミスも発生、失点してしまう。その後、ようやく恐さのある攻撃が出来るようになり、何度も突破を図っていたタイセイがゴール前のこぼれ球を押し込み、同点。その直後決定的チャンスもあるが、決めきれず、反撃は少々遅かった。同点で試合終了、しかし今シーズン公式戦初ゴール、初勝ち点を手にした。

一日目は1敗1分だが、まだ代表決定戦に進むチャンスは残っている。
この日残り3分で手にした勝ち点1で、
最後には笑えるように、残り4戦、がんばっていきましょう。



本日、非常に暑い中、また遠方まで応援に来てくださったみなさん、送迎の協力や差し入れをしてくださったみなさん、ありがとうございました!
良い結果を出すことができず、
申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト
2009.06
24
いやいや、びっくりしました。やっぱり違うんです。


フットサルのプロといえば、テクニックの最高峰。


ボールを触る時の雰囲気から、ぜんぜん違うんです。



40才過ぎのオヤジの私とは・・・。

1年生にバリバリボールをとられる私とは・・・。

昨日も、1年生の2人に良いようにボールをまわされて・・・

ドリブルでもしっかり崩されて抜かれて・・・。



悔しいです!!(ザブングル風に)



話がずれました。



シンヤコーチとユウタロウコーチの自己紹介から始まったスクールは
いつもと違って、子供達はなんだか落ち着かない様子。


というより、挨拶前から興奮気味で始まりました。



二人一組でのアップでは、二人も加わってやりましたが、
最初はシンヤコーチ・ユウタロウコーチには照れて
パートナーを組になかなかいけない様子。



しか?し。



そのうち恥ずかしさを知らないちびっ子二人が、
シンヤコーチ・ユウタロウコーチを変わりばんこに
独占状態。


ちびっ子の生命力はすごいものです!!


このちびっ子二人は、8月ぐらいからスポーツニュースの取材で
登場するであろうコーチをテレビで見て、どう思うのでしょう?


このおにいちゃん知ってる。一緒に遊んだ!!」



う?ん。想像できます。



スパサカややべっちFCにもエスポラーダが取り上げられて
コーチが登場したらどうしよう。私が興奮して来ました。







そしていよいよ、シンヤコーチ・ユウタロウコーチの
「テクニカルトレーニング」。



まずは基礎れん。そして、顔を上げてのフェイント練習。



私は、プロの二人がどんなことを教えてくれるのか
興味心身で見ていました。



シンクロ(プレーさせながらの声がけ)での指示は
予想通りです。


よかった?。違ってたら、今までの私の指導が
違っていたということなので、まずは一安心。



しかし。圧倒的に違っていたことが・・・。






それは。




それは。





フリーズ(いったん動きを止めてみんなを集中させてする指示)
の時のデモンストレーションが・・・、うまい




本当に・・・、うまいんです。




雰囲気が違う。ボールの触り方が違う。




納得できました。



世界には、フットサル出身のプロサッカー選手が
いっぱいいて、その選手たちはみなテクニック系の
選手であることが・・・。



ちなみに、どんな選手がいるかというと・・・↓


「フットサル出身の主な選手」

ペレ(元ブラジル代表)
ジーコ(元ブラジル代表)
ロナウド(ブラジル代表)
ロナウジーニョ(ブラジル代表)
ロビーニョ(ブラジル代表)
カカ(ブラジル代表)
アドリアーノ(ブラジル代表)
ダビド・ビージャ(スペイン代表)
デコ(ポルトガル代表)
ジダン(元フランス代表)
リケルメ(アルゼンチン代表)
金崎 夢生(大分トリニータ)



ねっ!!   すごいでしょう?



子供たちが、小学生年代でこんなすごいテクニックを
目の前で見れること。


素晴らしいです。


そして、その選手にスーパーテクで抜かれる経験


これ、非常に大事です。



抜かれて悔しいから、その技を盗もうとする。





北海道には、今までプロはサッカーのコンサドーレだけでした。



同じ札幌とはいえ、じゃあコンサドーレの選手のプレーを
みようと思っても、広い競技場のと?くの観客席から
ちっちゃく見える選手を眺める程度がせいぜいです。



継続的に、一緒にサッカーをするとか習う機会は無いと思うのです。



私思いました。このスクールを継続して現役プロ選手と
子供たちが一緒にサッカーする機会を続けていけば
将来、このスクールからプロの選手が出るのではないか?


楽しみです。本当に楽しみ。







またまた、話を戻します。


最後は、ゲームです。



シンヤコーチ・ユウタロウコーチも、中に入っての
6対6です。



まだまだ顔が上がっていない選手が多いので
せっかくのテクニックが生かしきれていませんが
それは、これからの練習しだいです。



それより、大切なことは、日本から消え去ろうとしている
「ストリートサッカー」の大切さが、ここには有ると言う事。



ストリートサッカーは、年齢や実力が違う仲間が
一つのボールを追いかける。



負けて悔しかったら、練習して、今度は勝てるようにがんばる。



その繰り返し。



否が応でも、巧くならないわけが無い。



しかし、今の日本は一人で公園にボールを持って
サッカーしに行くことが、難しくなっています。


日々父母に届く不審者情報のメール。



特に小さい子を「一人で公園」なんて無理・・・・。


という時代です。



このスクールの最後にやっているゲームは
それぞれが違うチームで練習していて
学年もレベルもまちまち。


さらに、そこにプロの選手までもがいる環境。






最高のストリートサッカーです。






その日習ったテーマ・フェイントを、このゲームで試す。


是非、お父さん・お母さんにも見て頂きたい。


子供たちの悔しがる顔は最高ですよ!!



私も1年生コンビに抜かれない為のおじさんテクニックを
身に着けなくてはいけません。


今夜も焼酎でパワー充電?


やっぱ焼酎じゃ無理か・・・。


たかこーちでした。

スクールの詳細はここ

2009.06
22
山崎七郎杯U10の結果です。


□一日目

対 福井野  0-1 負け

対 コンサドーレ 0-4 負け

□二日目

対 北園美香保ユナイテッド 6-0 勝ち

対 常盤 4-0 勝ち


結果  二勝二敗 5チームリーグ中3位





上には上がれず、、、、、、、、、、、、、


次やったら勝てる、

そこまで差はない、

別に強くはなかったし、

あの失点はしょうがない、

調子悪かった、




でもでもでもでも。。。


そんなのかんけーねー!



大会で実力を発揮できるチームが強い!


大会で全力ださなきゃ意味が無い!


大会で勝てなきゃ意味が無い!



自分自身


甘かった、、、


上ばかり見すぎて


石に気づかず


思いっきりすっころんだ感じです。




反省すべきは、

自分自身の

大会への考え方



負けても子供達は、


あまり負けた実感がないよう、


切り替えのスピードが速いだけ?

勝ち負けに対しての

貪欲な気持ちをコーチが引き出してあげなかったからなのか、、、



ガヤガヤガヤガヤ


「本当に悔しい???」


「悔しいです!!」

ザブングルばりの声のでかさでしたが、

口ではいくらでも言えるが、

プレイで示してほしかった

いや、

プレイで奮起させることができなかった、






コーチにとっても良い勉強の場となりました。。。



毎回毎回良い勉強にならないよう、



次の大会では、

結果をだそう!!

2009.06
18
はじめましてです。

スクールを担当しています、新米のたかコーチです。



新米といっても40才台のオジサンです。主に、Bodyとちびっ子たちの担当です。



自己紹介は、これからゆっくりと書いていきますね。



それより・・・。



タイトルの・・・。↓


「サッポロボーイズ Body&Technical サッカースクールに激震??」



これです。


ほんとに激震なんです。


16日のスクールに、なっなっなんと!!


「エスポラーダ北海道」の選手と監督が来たのです!!


子供達の前で選手と監督がお話をしたときは、
子供達「かっちかち」に緊張しまくってましたよ。



所で・・・、なんで???  って? 思いました?




それは・・・。それは・・・。それは・・・。



発表します。


来週(6/23)からのスクールのテクニカルコーチに
「エスポラーダ北海道」の選手が就任することが決まったからです!!!!!!!





なに?  「エスポラーダ北海道」ってなに???



説明します。




・・・・・。↓これをみてください。そのほうが早い。

http://www.espolada.com/







どうですか?






スゴイでしょう!!




教えてくれる選手は、「5番で副キャプテンの笠間選手」と「10番のでエースの鈴木選手」です。



これは、コーチの私の方がワクワクしちゃってますよ。



現役プロフットサル選手の本物のテクニック`技`を子供達は、目の前で見れちゃうんです。



しかも、教わっちゃうんです。



10年後には、君達からプロの選手が出る予感がしてきました。



みんな、来週が楽しみだね。



新規でスクールを体験したい方は定員が
有るのでお早めにお願いします。↓

http://sboys.web.fc2.com/06-school.htm


これからたかコーチも、頑張ってスクールのブログを書いていきますね。

みなさん、よろしくお願いいたします。




::more
2009.06
15
Category : 大会結果速報
6月13日(土)

予選リーグ

? vs アンフィニ ●0?4
第1戦の相手は、結果的に中央区代表となる強豪アンフィニ、ボールポゼッションに勝る相手に対し、前半は自分たちの陣地からなかなか出られない。ペナルティエリアの近くでプレーする機会が多くなってしまい、ミスも発生する悪循環。失点を重ね3失点で折り返す。後半になると徐々に相手のゴール前までいけるようになり、特に左サイドのタイチが惜しいシュートを2本放つも得点にはつながらず、逆にカウンターから終了間際に失点。大量失点で黒星発進となっていまった。

? vs 幌西円樹 ○5?1 得点:タイチ2、サクライ2、タイセイ
第1戦とは逆に大量得点することができた。まずは左サイドでボールをもったサクライが中に折り返し、それをタイチがワンタッチで見事なシュートを決める!さらにサクライが右サイドから今度は自分で決め、追加点!一点返されるも、ゴール前のこぼれ球をタイチが豪快なミドルシュートを突き刺し、突き放す。後半、多くの人が関わり、スピード感もあったという点でボーイズの今大会におけるベストゴールがうまれる。相手DFラインからのロングボールをDFシンタロウが相手に競り勝ってヘディング、このボールが見事にMFシュウキへのパスとなり、しっかりと観ていたシュウキはツータッチで前線のサクライにパス、サクライはこれまたツータッチ目でシュートを決めた。最後の得点はチームの中心に選んだタイセイ、ペナルティエリア外へのこぼれ球を豪快に蹴りこんだ。どの得点も素晴らしかった。

しかし、2位となり決勝リーグへは進出できず。選手たちは、翌日の2位リーグでの1位を目標にすることを決めた。


6月14日(日)

2位リーグ

? vs 緑丘 ●0?3
前日の試合の勢いを活かしたかったが、ドリブル、キックに優れる相手に対し、後手に回ってしまうことが多くなる。チャンスもいくつかあったが、決めることが出来ず、無得点で敗れる。ただ、体格の良い相手に対して、臆することなくぶつかったり、奪われてもすぐに奪い返しにいく、1人だけではなく2人でいく、という姿は随所にみられていた。勝てない場面も多くあったが、それでも諦めずにチャレンジしていたという部分で、次につながる内容だった。

? vs 伏見 ○4?1 得点:サクライ4
「勝って終わろう!」と選手たちが確認して臨んだ試合だったが、いきなり先制点を許してしまう。しかし、DFモモコが、奪われたボールをすぐに20m粘り強く付いていき、奪え返してすぐにサイドに展開、チャンスを作った素晴らしいプレーのように、諦めずにアグレッシブに戦うことができた。攻撃面では右サイドのユウダイ、トシが自分で仕掛けてサイドを突破するプレーが出始めた。そしてそれらの好プレーを最後にゴールで締めくくるのは頼れるFWサクライ、見事に得点を重ねた。守備面ではDFショウがDFラインの統率、カバーリング、インターセプトと大車輪の活躍。途中出場のエンちゃんも味のあるパスでチャンスをつくった。最後の試合を勝利で飾ることができた。

結果、2位リーグでも2位となり、9チーム中5位で大会を終えた。


課題もたくさんありますが、得点もたくさんとって勝利できたことはすごく良かったと思います。そのような試合中の活躍は、試合外での選手たちの取り組み方、過ごし方が変わってきていることが大きいと感じています。

GKカイエ、タイキは2人で仲よく試合前のアップのメニューを質高く行っていました。

サクライやショウに代表されるように、他チームの試合をしっかり観ている選手もいました。

そして、試合と試合の間の長い待ち時間で、ただだらけていたり、ただ遊んでいるのではなく、サッカーにつながるような遊び(翼くんと岬くんがいました笑)で和気あいあいと時間を過ごしているのが印象的でした。
(会場のルールを守れていない場面もあったので、そこは反省です)

非常に良い雰囲気で試合をすることが出来ました。



そして、雨の降る悪天候の中、応援に来てくださり、見守ってくださった多くの皆さま、低学年のヤングボーイズたち(傘で素振りをしている子もいました、かわいらしかった)の温かな声援により、選手たちの勢いが加速していったように思います。
ありがとうございました!!
2009.06
07
サッカー日本代表!!2010年南アフリカワールドカップ出場決定!!!

興奮しました。川内です。


日本代表がウズベキスタンを破り、ワールドカップ出場を決めた試合を観ていると、右サイドバックがジュビロ磐田の駒野選手でした(駒野選手は去年の静岡遠征で実際にお会いした選手!!)


駒野選手ももちろん素晴らしい選手ですが、いつもならば岡田監督は鹿島アントラーズのプリンス、内田篤人選手を起用しています。

どうしたんだろう・・・?






ん?






そういえば、昼間のボーイズの練習に「内田篤人」がいたなあ?!!




だからかな??笑

(実際の内田選手は体調不良だったみたいです)





練習中最後のゲームで、右サイドバックに指名された彼は、「内田篤人!!」と叫びながらポジションに入り、見事なオーバーラップからセンタリングをあげてチャンスを演出する、まさに「内田篤人」なプレーを披露しました。

その「内田篤人」ぶり。



びびりました。



研究熱心で想像力豊か、センスあふれる彼は、左サイドバックならば「長友佑都」になり、他の誰よりも走っていたことでしょう笑




次はどんなプレーを魅せてくれるのか!
非常に楽しみです。












えっ

彼は誰かって・・・



それは






今度、グランドで見つけてみてください!!^^








追伸、

ヒントは、世界の「Shunsuke Nakamura」です^^
2009.06
03
早いものでもう6月ですね!!川内です。

僕は今月、「勝負の6月」と名づけることにしました。


U11から始まり、U10、そしてU12の大会があるからです。



日本代表の岡田監督は常々「ワールドカップベスト4」を口にしています。

最近はその目標を本気で達成しようとしている選手が増えてきたそうです。


僕らもこの「勝負の6月」に向けて、それぞれの大会の目標を決めました。

本気になれば達成できる目標です。


起きたら3回復唱!!

寝る前も3回復唱!!!

(まずはイメージトレーニングから!!笑)


がんばりましょう!!!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。