RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
31
久しぶりに帰省したら・・・うちにワンちゃんがいました!かわいすぎてベッタリです。。。

川内です!


2011年も、たくさんの方々と笑い、悩み、苦しみ、そして喜びを共有できたこと、とてもうれしく思います。

今年、結果としてみたら・・・良い結果でないことが多かったです。

たくさんの助言や意見をいただいたりもしました。それを消化し自分のものにする能力も足りませんでした。

「あれ言わなければ良かった」「ああしておけばよかった」たくさんの後悔があります。

けれど、そんな中でも子どもたちは一歩進んだり、下がったりしながら、成長してくれました。

11月末のU11、1-3からの残り5分で6-3とか

12月のU12札幌F、不安と緊張の中での1位突破、

12月末のU10、終了間際での勝ち越し追加点・・・

相手がどうあれ、レベルがどうあれ、苦しい中での「気持ちの強さ」がみれたことが本当に嬉しかった。


年明けから、目標に向かった真剣勝負をすることができます。ほんとうに幸せなこと。

1月はU14全道Fから始まり、U12全道F、U11札幌F、

2月には札幌F全市大会。

願わくば、良い結果を出してほしい・・・切にそう思います。

そのための努力は惜しみません。決意新たに新年を迎えたいと思います。




今年、特に低学年の子がたくさん入ってくれました。

12月、久しぶりに練習試合を見ました。とっても楽しそうでした(靴ひもはほどけすぎだったけどね!)

ゴールを決めて雄たけびをあげ・・・ゴールを守ってカッコイイ顔をする。いっしょうけんめいにボールを追いかける。まさにサッカーの原点。その姿が微笑ましかった。

そんな姿をみると、こっちもうれしくなります。



2011年度から、「あ・りーさだ」の教室もはじまりました。そこでもたくさんの出会いがありました。

正木コーチともよく話しますが・・・とびきりの笑顔をみると、心が洗われる気がします。幸せな気持ちになります。



現在、NHKで紅白歌合戦やってます、僕が中学生のときからずーっと好きなゆずの岩沢さんが、東日本大震災のあとに鶴瓶さんから言われたそうです、「こんなときこそ音楽と笑いやで」と。

ぜひともスポーツもいれてほしいと思います!

音楽、笑い、スポーツ。一握りのひとしか経済的には豊かにはなりません。

けれど、人が生きていくうえで、欠かせないもの。

そんな現実がない場合もあるかもしれない、くだらないといわれることもある、けれどそれでも、


心が動き、感動し、笑いあう・・・人の心が豊かになる。

そんな現場の一つにいることを幸せに思うと同時に、2012年が、とっても楽しく、笑顔に溢れた一年になることを願ってやみません。



2011年、たくさんの人に迷惑をかけ、お世話になりました・・・本当にありがとうございました!

2012年もよろしくお願いいたします!!
スポンサーサイト
2011.12
28
川内です!


本日の夕張でのU15練習試合を終え、年内の活動を終了しました。

小学生は26日に終わっていますので、すでに正月休みに入っていますが・・・


しばしの休み期間ですが、年明けからU15もU12も大事な大会が控えていますので・・・体調管理に気を付けて!


明日は事務所の大掃除です!誰か手伝いにきてください!笑
そしてスタッフの忘年会もあります!こちらも手伝いにきてください!笑


とりあえず、2011年おつかれさまでした!

良い正月休みを。。。
2011.12
26
川内です!

12月24日といえば・・・・毎年恒例のクリスマス親子フットサル大会です!

今回は、各学年のチームと、なでしこチーム、パパチーム2チームをつくり、トーナメント戦を行いました!!



正直言って・・・・予想以上に盛り上がりましてびびりました笑


DSCN6088.jpg


DSCN6091.jpg


DSCN6062.jpg


DSCN6069.jpg


DSCN6071.jpg



DSCN6066.jpg




そして・・・・

大白熱したPK戦・・・


DSCN6075.jpg

みんな観るのは大好きPK戦・・・


DSCN6077.jpg



熱いパパチーム・・・・


DSCN6079.jpg


DSCN6082.jpg






結果やいかに・・・・・・







DSCN6083.jpg

咆哮とはこのことです笑






たくさんの方に参加していただいて、ありがとうございました!!


特にパパチーム・・・・一度で終わるのはもったいない!と思いました!

パパチーム結成!あるかなあ~^^
2011.12
26
Category : 大会結果速報
■2011年12月23日

① vs 日新 ○4-2

② vs 緑丘 ○2-0

③ vs 円山 ○2-0

→リーグ1位で全市大会進出!!


終わってみれば全勝で予選突破を決めましたが、とってもとっても苦しい3試合でした。

初戦の日新戦ではいきなりの失点。先行を許す展開となってしまいましたが・・・1ピリ残り1分で同点に追いつくと、2ピリでシオンが逆転、オミケン追加点!なんとか勝利しました。

第2戦の緑丘戦は、開始早々に大ピンチを迎えますが、GKショウヤが防ぎ、事無きを得る(しかしこれが決まっていたら・・・やばかった)一進一退の攻防のなか、3ピリも残り1分・・・ここでレンが連続得点で勝利!とても楽になりました。

第3戦の円山戦もこれまた一進一退。2ピリ終了後、「またさっきと同じじゃないか!」「すいませ~ん」「また残り1分で点取るの?」「いや、今度は残り3分です!」という会話を交わしましたら・・・見事残り3分!クリアランスから右サイドトモロウ、縦パスに走り込むブンジ、コーナー付近からダイレクトでゴール前に折り返す、ファーに詰めてたレンが飛び込み先制!そのあと追加点を決め、勝利。1位となりました。


「逆転すること」

「試合終了まで諦めずにがんばること」

この二つを経験できたと思います。とてもシビれる経験でした。よく頑張ったと思います。試合中、がむしゃらに頑張れるところが4年生たちのいいところ。

しかし試合後、選手たちにも伝えましたが、「もっとうまくなれ!」技術がもっとあれば、ゴールできた場面もたくさんありました。上を目指すには、まだまだうまくならなければなりません。そのためには、練習を積み重ねなければならない。しかも、チーム全員で。そういった意味で、まだまだ伸びしろがある!と思います。

とても「個性のある」学年だと思います。
ボールコントロールがうまくないけど、強引なドリブルできる・・・とか、キックは蹴れないけどドリブルが柔らかい・・・とか、その形でしか蹴れないけど、右足キックがすごい・・・とか、ボール持たせたらヒヤヒヤするけど、ディフェンスは魂こもってる・・・などなど
ちょっと不器用だけど、そのぶん「武器」をもっている選手たちだと思います。

自分の良いところを大事にしながら、もっと技術をつけてうまくなって!強くなってほしいです。


今回もたくさんのみなさんが応援にかけつけてくださいました。とってもヒヤヒヤドキドキヤキモキさせられる子どもたちでしたね・・・最後まで信じていればなんとかしてくれることを僕もあらためて教えてもらいました。
応援ありがとうございました!
2011.12
21
夜分遅くに

川内です。



先ほどのアンフィニ戦でのシュウキのゴールのくだりを書きながら、いろんなことを考えていました。
あの、「勝手に動いちゃった」感のあるドリブル。

6年生とか5年生の中でよく見る光景で言えば、タイチとかハルトとかがクルクルルーレットしてる場面なんかはよく見ます。

「考えるより先に反応してる」感じ。

もちろん、観て、判断することもしないとダメ。その状況にあってないこともあります。ただ、その「動作」自体は、「右足で引いて~、それを軸足にして回転して~、」なんて考えてやっていたら断然遅い。ボールとられちゃいます^^;

もちろん「止める」「蹴る」という動作にしても同じ。その意味では、たくさんの積み重ねが必要。それこそ、「身体に染み込む」まで。上では特に3人例に出しましたが、その他の選手はダメだということではまったくなく、積み重ねてきたことを感じることができる場面が増えてきました。


「考えるより先に動く」ことは何より速い。




と・・・思ったとき、某塾長のブログを思い出しました。





*******************************************

反復。

私が小学生のときは、ひたすら「素振り」をしました。


そう。バットをひたすら振るのです。野球をやっていたら当たり前。


では、サッカーの反復は?


リフティング・・・。

コーンドリブル・・・。



以前、岡ちゃん(前サッカー日本代表監督)の講演会を聞いたときの話し・・・↓


「頭で考えながらプレーするな」ということです。

どういうことかというと、脳は(大脳)新皮質と(大脳)旧皮質からできていて、

脊髄からつながっているところが旧皮質で、簡単に言うとどんな動物でも持っている本能

のようなところです。そして、人間と一部の動物が発達しているのがその周りの新皮質で、

ここは物事を論理的に考えたり、言葉を喋ったりするところです。


 ところが、コンピュータの演算速度で例えると、新皮質は演算速度が非常に遅い。

例えば、新皮質で考えながら自転車には乗れない。右足のひざをこの辺まで曲げて、

このくらいまでいったら体重を左にかけて……なんて考えながら乗れないですよね。

キャッチボールもできない。ひじを伸ばして、ボールが来たから指を開いて、

次に閉じて……と考えていたら間に合わない。旧皮質で感覚的にやっていかないといけない。

スポーツというのは旧皮質でやらないといけないんです。


 ところが日本人はどうも教えられ慣れているので、

ボールが来たから胸でトラップして……と新皮質で考えながらやってしまう。

だから、向こうでは全然大したことないようなブラジル人がバンバン点を取る。

あいつら何も考えていない。来たボールをボンと蹴るだけ。ある意味そういうことも大切。

練習では考えてやらないといけない。

でも、「試合ではそれを頭を使ってやるな。自分が感じたことを信じて、勇気を持ってプレーしなさい」



反復とはちと違うけど、そう遠くない話のような気がします。


では、インターネットで調べた反復練習のメカニズム・・・↓



 1)ゆっくりした動きで正解パターンを繰り返し、大脳に正解パターンを刻み込む。
 2)更に繰り返すことで、小脳に身体のモデルを構築する。
 3)正解パターンのバリエーションを増やすことで、大脳の思考と小脳のモデルの連携を深める。

 ここで重要なのは、失敗例を積み重ねることが出てこなかったことです。
 長期抑制を使わない練習です。

 大事なことは次の二つです。
 A)大脳に正解パターンを刻み込む。
 B)小脳に身体モデルを構築する。

うんうん。なんか見えてきました。



サッカーで言うところの「プレゴールデンエイジ」と「ゴールデンエイジ」。


この時期にしっかり反復を繰り返す。



「止める」「蹴る」「運ぶ」ついでに「外す」も。



*********************************************



岡田さんの話・・・興味深いです。



地道な、気の長くなるような時間をかけて、

一瞬の輝きをはなつのです。




なので




冬休みもサボらないように!!笑
2011.12
21
Category : 大会結果速報
■2011年12月17日

予選リーグ

① vs 日新 ○6-0

② vs 宮の森 ○9-0

■2011年12月18日

決勝リーグ

① vs YFC ○3-1

② vs アンフィニ △1-1

③ vs 緑丘 ○2-1

→勝ち点でアンフィニと並ぶが、得失点差により2位で全市大会進出



前週の厳しい札幌フットサルを乗り越え、自信がついたのでしょう。不安そうな顔で緊張しまくってた前週に比べると、余裕のある表情が目立っていました。その余裕が悪い方向にいくのが心配でしたが、試合になると切り替え、なんとか全市大会への出場を決めることができました。

予選リーグでは、得点を先行していく展開にもっていくことができ、全選手が少しずつですが出場。特に宮の森戦のラスト3分で出場したエンちゃんの2得点にはとても盛り上がりました!エンちゃんはベンチにいてもしっかり声を出し、盛り上げてくれる選手。ショウが蹴ったシュート気味のキックを避けた?らヒザにあたり、見事にゴールに吸い込まれていきました。嬉しかったなあ・・・

決勝リーグ初戦のYFC戦は先制点を許す展開で、一瞬やばいな・・・と不安になりましたが、タイキが素晴らしい同点ゴールと逆転ゴール。前週から大事なところで試合を決めるタイキの活躍は大きかった。とっても大きな勝ち点3となりました。

第2戦のアンフィニ戦は、全日本フットサルの予選では開始早々失点を重ねてしまった相手だけに、それからの成長が試されるところ。守備はうまくいっていたけれど、一瞬ファーの選手のマークがはずれ、先制点を許す・・・しかし、そのすぐあとに同点においついたのがシュウキ、キーパーをかわしてゴール!たぶん、考える前に身体が勝手に動いていました。シュウキの「身体に染み付いている」得意な形。反復の賜物。考えるよりも「反応する」ことの大事さを学びました。
後半は我慢の時間が続きました・・・秋のナショトレ選手でもある相手ピボの選手とユウダイのマッチアップはとても見応えがありました。引き分けのままタイムアップ。

最終戦の緑丘戦の前に全市出場は決まっていましたが、しっかりと勝って終わることができました。札幌フットサルでの緑丘戦の3ピリではボールを回されまくったイメージがあったのでちょっと心配でしたが、チームの全員で勝ちきることができました。


全日本フットサルで負けてしまったあと、目標としてきた全道フットサルでのチャレンジへのスタートです。無事にスタートがきれて、ほっとしました。引き締まった気持ちで新年を迎えられそうです。。。
しかし、目標としているのはまだまだ先、もっと上。1月の全市大会に向けあまり時間はありませんが、もっとレベルアップしていきましょう。

全道フットサルではベンチに座っている選手が必然的に多くなっていますが、そんななかでも頑張って声をだしたり、盛り上げようとしている選手が試合に入ると活躍できる場面がみられました。前述のエンちゃんだったり、決勝リーグでのショウだったり・・・ピッチでもベンチでも変わらず頑張っている姿は、印象に残っています。
もちろんみんな良いプレーをしていました。おお、こんなにできるんだな、とこちらを良い意味で裏切ってくれた選手もいました。

特に、全体的に「スピード」が上がってきました。全日本Fのあとに話をし、みんなが地道に取り組んできてくれたことが結果として出てきました。ボールスピードが上がり、精度も上がってきているのでパススピードも速くなってきた。同時に、止めるスピードも速くなってきたため、余裕をもってプレーできる場面も増えてきました。ツマンナイと思ったとしても、みんなが地道に取り組んだことが出ている。

そして、さすが「ホーム」のあけぼの体育館。きょうだいだけではなく、下の学年の選手、上の学年の選手も応援に来てくれました。とても良い光景だな、と嬉しかったです。「自分の試合」ではなく、「自分のチームの試合」と思ってくれていること。6年生は、小学生のなかでは最上級生。憧れの上級生になってほしいなあ・・・

ほんとうにたくさんの応援、ありがとうございました!
2011.12
20
川内です!


先週末、4年生の練習試合でのこと。

ゲームのあいだの待ち時間、4年生たちを集めて説教!!!

かと思いきや、聞いてみました。


「サッカー選手になりたいひと?」


みんな、おそるおそる?手を挙げる・・・・(自信満々でいいんだよ!)


「どこのチームにはいりたいの?」



「・・・・」



恥ずかしいのか、知らないのか、あんまりとんとんでてきません・・・


「日本代表!」

というのはありましたが、チーム名はなかなかでてきません・・・


ひとりひとり聞いていってみると・・・


「うーん、迷ってるんだよなあ・・・バルセロナか、レアルマドリードか、マンチェスターシティかなあ」
(マンCって、今年っぽいですね!)

「うーん・・・インテルかなあ・・・」


やっぱり海外クラブが多いですよね・・・



そんななか、3年生のミスターボーイズ(最近、他チームの指導者の方から、こう言われます笑)

「TOMOYAと同じチーム!」^^;4月に転校してしまった子・・・

「そしたら、BunjiTomoyaUnitedっていうチームでも作れ!」と言ってみたら

「そうします!!!!!」とミスターボーイズ

彼はBTUから日本代表入りを狙うそうです笑


それはそれで楽しいですね^^



しかしここで更なるツワモノ

ここ半年でとっても上手くなった4年生の小さいタロウくん


「・・・・やめた!!!!サッカー選手になるのやめた!!!だってまだわかんないもん!!!」



いきなりの発言に一同爆笑



いやいや、目指すのは自由だよ!!!




みなさんの将来の夢はなんでしょうか??
2011.12
16
明日からU12全道フットサル中央区予選!

川内です。


全日本フットサルで負けてから目標にしてきた大会。

そのチャレンジのスタート。


ドキドキ・・・


今回も、やってくれると信じるしかありません。


がんばろう!!
2011.12
16
川内です!

クラブワールドカップ、やってますね。

決勝はサントス対バルセロナ

だいたい、テレビ中継上は毎年「攻めの○○」対「守りの○○」なんて安易な構図で語ろうとしますが、今回はどうするつもりなのでしょうか・・・・だってどちらも上手い!!とても楽しみなカードです。

メッシ対ネイマール

シャビとガンソ

同じ役割を担う選手たちを比較してみても、とてもおもしろいですね。


どちらのチームもうまいけれど、その質が多少違うのかな、と思います。


バルサは止める・蹴る・運ぶといった基本の技術がとてつもなく正確で、そのぶん早い!常に先手をとっている・・・

「わかっていてもとめられない」というか・・・



半面、サントスはガンソ、ネイマールを始めとして相手の「逆をとる」かけひきがなまらうまい!

「どうやってくるか、予想がつかない」とでも言いますか。



どちらもゾクゾクします・・・とっても楽しみ!



どちらのチームも勉強になるところばかり!選手のみなさんにもぜひ観て欲しいですね^^
2011.12
13
川内です!


先日、「あ・りーさだ」のスポーツ教室でのこと。


この教室には幼稚園の子もいまして、


この子は僕たちのことを「せんせい!」と呼びます。

「コーチ!」ではないんです。


僕も悪い気はしないので笑、「先生」になります。




そんなある日・・・




その日は僕と正木コーチの二人。




その幼稚園の子は、僕のことを「せんせい!」と呼び、




正木コーチのことを



「こうちょう!!!」



と呼びました笑




校長先生・・・・いろいろ考えると、確かにそう見えるよなあ・・・笑




正木コーチも、「校長とは言われたことないなあ・・・」と言っていました笑




・・・・という話を朱コーチにもしたら、

朱コーチも思わず吹き出していました笑




選手のみなさん、今度正木コーチに会ったら「校長!」と言ってみてください!

きっと喜ぶと思います笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。