FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01
31
Baidu IME_2013-1-31_13-54-43

川内です!

4年生5年生は、札幌フットサルに負けてしまった次の日、U18との合同トレーニングを行いました!

Baidu IME_2013-1-31_13-55-4

6年生は何度かやっていますが、4年5年は初。

しかも大人しいというかビビリというか笑、みんなでくっついていることが多い4年5年。

最初はおそるおそる・・・という感じで入っていきましたが、高校生たちの配慮のもと、最後のゲームでは得点を決めたり、いいプレーをしたり、だいぶ馴染んで楽しんでいました。

6年生のときもやっていたリフティングでは、6年生は確か20分以上やっていた気がしますが(できなくて)、今回は結構すんなりと出来ていました。絶対できないだろうなーと思っていましたが、彼らを見くびっていました笑



新しい人間関係、あるいは新しい環境に飛び込むのは、誰しもが最初こわいし、嫌だと思います。
けれど、積極的に飛び込んでみると、思ったより楽しい!一見こわそ~な高校生のお兄ちゃんたち、けれど本当に仲良く盛り上げてくれる。それは飛び込んでみて初めてわかること。


また、今回「楽しくなかった」という子はいませんでした。「楽しかった」という子が大半だったし、彼らの顔を見てても楽しそうだなあと思いました。
そんな雰囲気を作ってくれたのは、彼らよりも明らかにサッカーがうまい高校生たち。自分たちよりまだサッカーができない子たちに対して、励まし、盛り上げてくれました。そんな中でサッカーをやることは楽しい、お互いに。
自分たちがやってもらって「楽しかったな」「嬉しかったな」という経験を忘れずに、自分たちが逆の立場になったときに、下の子たちに返していければすごく良いなあと思います。

そんな空気を作ってくれた高校生たち、ありがとう!
良いお兄ちゃんたちのもとで、それを下の子たちが見習っていければいいなあ~




Baidu IME_2013-1-31_13-54-54


そしてそのあと

6年生はフットサルの試合を高校生と

結構真剣にやってもらいました!

がんばって守備して、なんとかゴールを奪おうと攻めて

高校生たちの良い部分を感じ取ることができたようですし、高校生を相手にしても、どのくらいの技術ならある程度できるのか、というところを体感していました。

ゴールも決められなかったし、ゴールも決められちゃったけど、終わったあとに「あー楽しかったー」と言っていた子がいたのが印象的でした。
そう、レベルが上がるともっともっとサッカーは楽しい!!



サッカーの面でも、心の面でも、とても有意義な合同トレーニングでした。
スポンサーサイト
2013.01
29
こんにちは。

U14恵庭で行われたクラブフェスに行ってきました。

結果だけ。

1日目グループリーグ
対 登別ジュニアユース 6-5
対 エルウェーブ   勝ち(点数忘れました)
対 札幌ジュニア   3-5

2日目中位トーナメント

対 SSS 2-3
対 アンフィニ 5-1
 
その他トレーニングゲーム5本
バーモス恵庭・札幌ベアフット・コンサドーレ札幌・道都FCなど



U14全道フットサルで石狩FCに1-6と完膚無きまでに負け、上のレベルを知ることができた選手。
今回多くのチームと試合をすることで、自分たちがどの辺の位置にいるのか知ることができたのでは?

上手くいかず頭を抱える選手、他選手に遠慮してサッカーをしている選手、現状のサッカーに満足している選手、



あのチーム勝てる力をつければ、サッカーは信じられないほど・・・・今より楽しくなる。


さぁ、定期テストの季節だよ(^u^)
2013.01
29
川内です!


先日の練習のとき・・・・


玄関で・・・・



Image262.jpg

びしっと靴が揃ってました!!


どうした!?と思いました笑


すばらしかったので



普通か!?笑
2013.01
28
Category : 大会結果速報
■2013年1月26日

一回戦 vs 常盤 ○1-0 得点:れん

二回戦 vs 清田南 ●1-3 得点:おみけん


一回戦、周りの指導者の方から「夕張じゃないんだから笑」と言われながらの常盤戦、ですが公式戦で対戦するのは初めてだったと思います。
なんだかお互いに動きが重たく、空気も重たく・・・全市大会独特の緊張感なのか・・・
中央区の予選から、ドリブルに対して簡単に交わされてしまう場面が多かったため、ボールを持たせながらじっくりと対応することを確認していたので、アプローチが慎重になりすぎ、「奪いにいく」というより「守る」ほうに意識がいってしまったというところもあるかもしれません。
そんな3ピリ、カウンターぎみにつないでレンが先制点、これが決勝点となり一回戦突破。

二回戦、清田南戦。守備のところでは一回戦よりも相手を慌てさせるようなアプローチをかけることができるようになってきましたが、特にマイボールのサポートが遅すぎ、プレスを回避できずにもったいない失点を重ねてしまいました。
しかし2ピリになるとマイボールの時間が長くなり、ワンタッチでのプレーもではじめ、綺麗に崩す場面もでてきました。そんな中で得たFKをオミケンが決め、一点差で3ピリへ。
3ピリも相手ボールよりマイボールの時間のほうが長く、どうやって得点を奪っていくかというところでしたが、ボール一個分、二個分の精度や、ボールのスピード、止めるスピード・・・・技術的な質の部分でのミス、あるいは一見ミスには見えないようなミスも多発し、そうこうしているうちに追加点を決められてしまい、試合終了となりました。


この学年、昨年のU10札幌フットサルに続きベスト16に終わりました。
僕たちに勝った清田南はベスト4まで進んでいます。選手たちが目標にしていたベスト4。

実際に対戦して、絶対に勝てない、どうしようもない・・・そんな圧倒的な差を感じたのでしょうか?

そんなことはないと思います。

本当に細かいところでの技術的なミス、一歩二歩の準備、そこが不足して失点し、得点できなかった。

(逆に言えば、勝った常盤戦も、勝っても負けてもおかしくなかったような紙一重の試合でした。)

5年生は6年生になり、小学校年代最高学年としての大会が待っていますが、簡単に勝てる試合なんて一つもありません。

勝負の差を分けるのは、細かいところでのスピード・正確さ、ちょっとした差です。

その差をうむのは、細かいところにどれだけこだわれるのかどうか、

いつこだわるのか?

普段の積み重ねしかありません。

5年生、まだまだうまくなれる、もっとうまくなったらもっとサッカーは楽しい。


春に向けて、またトレーニングしていきましょう。



今回も応援にきてくださったみなさん、ありがとうございました!!
2013.01
25
川内です!


前回の4年・5年のトレーニングのときです

彼らに足りないものの一つ、「止める・蹴る」のトレーニング

少しずつ強度を上げ、DFのプレッシャーを受けながらのトレーニングに。


僕からは、DFとの距離が遠い設定だったこともあり、

「まずしっかりと足元に止めて、相手をしっかり見て、動く方向を決めよう」

という話をしていました。


そんななか、4年生コウヘイ


そのときは「たまたま」DFとの距離が近くなってしまいました。

彼は僕の指示通りに足元には止めず、スペースへ大きくコントロール、DFに取られず交わしていきました。


「やるじゃん!」

と思いました。


DFと自分との距離をみて、自分で判断を変え、その「たまたま」の状況に適したプレーをしていました。

僕の指示通りに足元に止めていたら、DFに奪われていたことでしょう。


「コーチの指示はあったけれど、自分がより良い選択をし、ボールを失わない選手」

言い方を変えると、

「コーチ(大人)の言ったことを無視した選手」になるかもしれません。


この選手と、

「コーチの指示通りに足元に止めて、DFに奪われてしまう選手」

言い換えると、「コーチ(大人)から言われたことを必ず守る子」



サッカーは状況に応じていろんなことができるスポーツ。

少なくとも僕は、前者の子のほうがサッカーはうまくなるような気がします、だっていろんなことを自分で考えているから
(もちろん、ルールを破ったりとか悪いことをしたり、自分勝手なだけなのはダメ)


僕の要求通りのプレーではありませんでしたが、その状況にはより効果的なプレー、やるなあーと思ったので、練習をとめ、このことに言及し、褒めててみましたが、当の本人はポカーンとしていました笑

しっかり考えてやっているのか、逆に何も考えていないのか、これからじっくり見定めていきたいと思います笑




そんな4年生5年生は明日、札幌フットサル全市大会!

初戦はまさかの常盤少年団!!いつもお世話になっていますが・・・

公式戦で対戦するのは僕は初めてです。4年生のときに全道に行っている学年、対戦が楽しみです!

そして静岡組、お互いに意識しているっぽくみえる、チビ・・・じゃなくてテクニシャンコンビの対決も楽しみです笑



5年生、目標に向かってがんばるのだ!!
2013.01
24
■26日(土)

U14 

クラブフットサル大会 予選リーグ @恵庭

10:15 vs 札幌ジュニア

13:15 vs L-WAVE

16:15 vs 登別


U11

札幌フットサル全市大会 5年の部 @羊丘小

10:00 一回戦 vs 常盤

12:00 二回戦

13:30 三回戦


■27日(日)

U14

クラブフットサル大会 順位トーナメント @恵庭

26日の結果により




練習してきたことを発揮する機会です!

U14もU11も、あともう少しで最高学年、

チームの看板を背負って戦うトップチームとしての1年がやってきます。

それを見据えて・・・

がんばりましょう!!
2013.01
19
誕生日でした!

川内です!


今週末は残念すぎる大会のない週末。

全道をかけた試合ができなかったのは悲しいものです。


ちょっと時間が空いてしまいましたが、先週の6年生山ごもり合宿についてです。

なんだか遠い昔のようだ・・・


6年生は山ごもり合宿の前後、自主的に合宿をはじめていたようで笑

合宿前、合宿後、みんなで集まってお泊まりしていたらしいです。

チームワークもばっちりですね!たぶん

合宿中もいろいろありましたし、僕がみていないところでもいろいろあったでしょう、

うるさい!場面もありましたが、

全体としては楽しく良い合宿でした。


今回の合宿の最後には、「サッカー以外でがんばってた人」という投票を理由つきで行いました!

第1位は・・・

ヒナコ!

理由 

みんなのぶんも洗濯物をやっていた

みんなのぶんも布団たたんでた


女の子という理由で押し付けられてしまったらしいヒナコが堂々の第1位!というのはなんだか悲しい気もしますが・・・
口も動かしながら健気にがんばるヒナコの姿が目に浮かびます・・・

ただ、ポジティブに考えれば、がんばってくれたヒナコに感謝の気持ちを忘れていないというところは良いのではないでしょうか・・・笑


第2位は、我らがキャプテン、ケンヤくん

悪いところを注意してくれた

などなどの理由

周りに気を配り、まず声を出せるのは彼だけでしょう・・・


その後には、

ショウタロウ

コオ

など、いつもチームの荷物を率先して運んでくれる子たちや・・・


部屋を明るく楽しくしてくれた

という理由で、タクミにも一票!

確かに今回は足が痛かったらしいが、セットプレーの練習や、お部屋でなど、練習以外では特にひときわ輝いていました笑


あとは、このような投票には一見無縁に思われる(失礼)、最近ちょっとお兄ちゃんらしくなってきたような気がするフーマにも清き一票!

理由

フーマはフーマなりにがんばってた


とのこと笑



聞いたときは爆笑しちゃいましたが、これはこれですごく素敵だと思いました。

みんなを画一的な基準でみて、ここまで達してるから「良い」、達してないから「ダメ」という点数だけみるテスト形式でその人を判断するのではなく、


その人それ自身をしっかり見て、「その人の」良いところを、良いなあと感じられること


これまで長い時間を一緒に過ごしてきて、

今回も長い?合宿を経て、

みんながお互いに理解しあい、

チームとなる

今回もそうですが、特に長い合宿や遠征は、サッカー以外の時間が増えることで、サッカーとは違うコミュニケーション、人と人のコミュニケーションが増えます、

その積み重ねから、上のようなコメントがでてくるのだと思います。

そのような機会を与えてくれる、保護者のみなさまにはいつも感謝です!

6年生は最後の公式戦が2月にあります。チームとして、後悔のないゲームをしてほしいです。



僕の合宿の思い出は、これまでほぼ被ったことのなかったニット帽子(リバーシブル)

午前中の色(黒)が気に食わなかったらしいヒナコさんからの指摘を受け、裏返しにしてみると「そっちの方がいいじゃん!」
ということで、午後からは裏面(黄緑シマシマ)で練習へ

午前と午後で色が変わったことで僕の帽子の話になり、いろいろ言われたあげく、最終的には


「帽子、似合わないね。」


という結論

ちーん
2013.01
18

行ってきました!スマイルリーグU10!

二三年生で!(笑)

札幌F区予選もあり人数は少ないのはわかってましたが、、

当日集まったのは二年生3人と3年生3人。。。

少なすぎ!!(笑)

でも試合いっぱい出れる!(笑)

ということで、他チーム先輩方に力をお借りし

フィジカルの早い相手にどうすればいいか?

早い相手にどうすればいいか?

ビビッてないか?

この三つに重点をおきゲームに臨みました!

僕のしつこい「ねえねえびびってない?びびったら負けだよ??顔がビビってるよ」

の攻撃に

あるものは「ビビッてません!!」

あるものは「・・・はい~(苦笑い)」

あるものは「びびってね~し!!」

僕にため口です。(笑)

結果はよくなかったものの、良いプレーも沢山出て、良い経験になりました。

クリニックではコンサドーレの選手がきて、コンサ選手相手にサッポロボーイズで二点もきめました^^

上の学年と一緒にプレーするのも良い経験になるなと実感した一日でした。


スマイル

全員の集合写真です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サッポロボーイズの子達いませんねえ。。。。。。。

真ん中で埋もれてます(笑)








2013.01
16
Category : 大会結果速報
■2013年1月14日

vs 緑丘 △0-0

vs アンフィニ ○3-0

vs 伏見 ○7-0


1位で全市大会に進出しました。


全道フットサルの全市大会に進めなかったため、最後の公式戦となる札幌フットサル

昨年の6年が優勝しているからなのか、全道に行くというより先に札幌フットサル2連覇という話になる大会

その目標に向かってチャレンジは続きます。


緑丘戦ではプレッシャーが速く攻守の切り替えも速い相手に対し崩しきれずに得点を奪えませんでしたが、

アンフィニ戦では素晴らしいゴールが3つ決まりました。

いずれも本当に綺麗で素晴らしかったです。技術的にも速く、駆け引きもあり。

もちろん泥臭いゴールも大好きですが、今回のような綺麗なゴール、技術で奪った得点は、練習の積み重ねの上で決まるもの。彼らの努力の成果ですから、本当に素晴らしかった。


まだまだ上を目指していけると思います。

次からはトーナメント、より緊張感が増しますが、その中で「強さ」をだしてほしい。またがんばりましょう。


今回も応援に来てくださったみなさん、ありがとうございました!
6年生は、大きな拍手あり、無言のゲキあり、大きな声援あり、サッカーの眼が肥えていてバラエティ豊かです笑
全市大会もよろしくお願いします!
2013.01
15
Category : 大会結果速報
決勝リーグ

vs YFC △2-2

vs アンフィニ ●1-6

vs 円山 ○9-1


2位で全市大会進出を決めました!

他チームの結果も絡み、最後までもつれましたが、最後の円山戦は本当にみんなが勝ちたい気持ちで戦ったゲームでした。中央区予選の全7試合のうち、やっと彼ららしいプレーをみることができました。
うまくタイミングを外しながら、何人かが関わりながら、ボールをつないでいく。

公式戦の緊張感のなかで、焦ってしまってガチャガチャしてしまう場面が多かったですが、ホンの少し余裕を持つだけで、あれだけちゃんとゴールまでいけるのです。

6年生チームも相手をしっかり崩せるようになってきましたが、彼らともまた違う、5年生チーム独特の回し方があり、それはそれで良いなと思っています。



合宿の初日、最初のゲームでは、誰も喋らず、黙々と頑張っているようにみえて、ただ「こなしている」「やらされている」感じがMAX
練習開始時間ギリギリにやってきて、一見話を聞いているように見えるけど、聞いているふりにも見えるし
とりあえずみんなの顔色をうかがって、みんなどうするの?というのが一番にきている

こいつら本当に上手くなりたいのか?勝ちたいのか?とすごく心配にもなりました。

ですが、
勝ちたかったら、
自分から
自然と声だしているし、
ボール奪うためにマークの確認もするし、
ゴールを奪うために良いポジションもとる

なんだ、やれるんじゃん!という試合でした。

大事なのは、それを常に日々の練習の中でやっていくこと。
楽しいだけではなく、真剣さの中でこそ、より速くうまくなれる。


公式戦の最中も、厳しく指摘した場面もありました。
ボール一個ぶん、一秒二秒のこだわりが、勝敗に大きく関わることを知り、自分に足りないところを知り、日々の練習に繋げて欲しかったからです。(逆に言えば、普段の練習中のこだわりが少なすぎるように感じたからです。練習は、試合で活躍するための練習なのに・・・)
実際、単純なミスで失点したところもあったし、一見ミスしていないように見えても、余計に一秒かかってしまったせいでゴールにならなかった場面もありました。

大会を終え、今日の練習。
これまでいくら言ってもピンときてなかった選手が、少しですが注意深く、こだわって練習に取り組んでいたように思いました。成長です!
ゲームでの緊張感が一番、彼らを育ててくれるのでしょう。


大会に勝とうが負けようが、サッカーが終わるわけではありません。
ただ、緊張感のある大会でのゲーム経験が、子どもたちを育てる最高の環境の一つであることは間違いありません。

幸い、来週にはより緊張感の増すトーナメントでの全市大会が待っています。

よりサッカーがうまくなって、より楽しくサッカーをするために、
全市大会で良いゲームをして、反省して、そしてまた練習

ボールを扱うのも、相手を扱うのも、サッカーも、まだまだまだまだ下手っぴです。

でもそのぶん、まだまだコップに水を注げるのです。



そして保護者のみなさま、応援にきていただき、大きな拍手を送っていただき、ありがとうございました!
円山戦、保護者の皆様が作ってくれた雰囲気で勢いがつき、2点3点くらい入ったと思います笑
全市大会でも温かな応援よろしくお願いいたします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。