FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02
21
2月22日(土)

U9 中央区交流大会 @幌西小学校体育館

Aチーム

11:50 vs円山

12:10 vsYFC

13:10 vsアンフィニ

Bチーム

14:00 vs幌西円樹

15:00 vsアンフィニ

15:40 vs日新


U12 卒業フットサル @伊達 まなびの里体育館

9:50 vs手稲鉄北

10:30 vs伊達西B

12:35 vsフォーザ

15:00 vs伏古北A



2月23日

U12 卒業フットサル @伊達

前日の結果により




まず土曜日は3年生以下で中央区交流大会!2チームにわかれて参加します。両方で優勝狙った布陣!のはず!笑
みんなで力を合わせてがんばろう!!


6年生は最後の遠征!とりあえず早起きと雪が心配です・・・^^;
メリハリをつけて、楽しい遠征になればいいなと思います!



今週末も雪にも風邪にもインフルにも負けずがんばろう!!
スポンサーサイト
2014.02
12
久しぶりにホームページ更新しました!

もうすぐ新年度ということで・・・・


小学生、大募集中です!

今回つくってみたのがこちら

Baidu IME_2014-2-12_19-23-48

登場人物のみなさん、事後報告なのですがよろしくお願いします!笑


もし周りに興味のあるお子さんがいたら、ぜひぜひご紹介ください!

どうぞよろしくお願いいたします!

↓こちらから・・・
Baidu IME_2014-2-12_19-27-6


特にU12ページを更新しております!
2014.02
11
U11札幌フットサル全市大会

一回戦 vs 伏古 ●1-1(PK5-6)

5年生の1ピリセット、一進一退、危ない場面もありましたが、なんとか持ちこたえる。
マナヤのインターセプトからドリブル、横に流して右にいたユウタが先制ゴール!
その勢いで4年生の2ピリセットも頑張りました。うまくボールは回せた場面もあり、いいボールの奪い方もあり、本当に決定的なチャンス、ゴールまでもう少しの場面を何度も作れましたが、決めきれず・・・
そして最後の5年生3ピリ、ゴールクリアランスは苦労しますが、ピボにはいったユウタロウがだいぶ慣れてきたのか、うまくキープしたり、ポストとみせかけてターンしたり、シュートもたくさんありましたが、こちらも決めきれず・・・
そうこうしているとカウンターから大ピンチ、GKユウマもかわされ、万事休す・・・かと思った瞬間、諦めずに戻ってきたその他の選手がスライディング、そのなかでもショウインがスライディングしながら足を伸ばし、奇跡的なクリア!「魂」のこもったスライディングでした。なんとかこのまま終わってくれ・・・と思っていましたが、最後の最後に一瞬の隙をつかれ、同点においつかれ、PK戦・・・惜しくもここで終了してしまいました。。。


5年生は、ゲームのたびに反省会をしています。本当にたくさんしています。上っ面の「反省の正解探し」を言いっぱなしになるのではなく、お互いに「こうしろよ」「ああしろよ」と要求しています。厳しい言葉が飛び交うこともあります。でもそれを受け入れながら、みんなで話をしています。
技術的には、本当に本当にまだまだまだまだです。それにも関わらず、全市大会に進み、もう少し・・・というゲームができたのは、この「ミーティング」により、みんなが同じ問題意識をもち、どうやったらうまくいくかを話し合い、同じ画を描きながらプレーできていることが大きいと思います。もちろんまだまだ足りないところはあります。
きっと、ぜんぶ正解なんです。間違いなんてないのです。大事なのは、みんなが同じことを考えていること。

この素晴らしい取り組みは、下の学年にも見習って欲しいし、特に今回参加した4年生を中心に感じてほしい、そう感じます。

とはいえ、進歩しているけど、頑張ったけど、勝てなくて悔しい思いをしたのも現実。

あのシュートを決めれていれば

あのときマークの確認をしていれば

あのときもう少し足を伸ばせていれば

あのときボールを失わなければ



最後に2つ伝えました。

まず全員に「負けたのはきみのせい」と伝えました。でもそれは逆にいえば、「誰か」だけのせいで負けたわけではないということです。極端な言い方かもしれませんが、一人一人に責任があるということです。次にレベルアップするには、みんなのレベルアップが必要で、みんなが頑張ることでチームももっと勝てるようになる。つまり必要のない選手なんていないのです。チームのみんなのがんばりが、チームをレベルアップさせる。

そして、「後悔するべき」と言いました。今回の大会はもう終わりですが、サッカーはまだまだ続く。特にこの学年は小学生のなかで最高学年になっていきます。もちろん良かった場面もたくさんあった、手応えもあったと思います。けど勝てなかった。悔しかった。課題が見つかったということです。その気持ちを忘れずにいることが、レベルアップする大きなきっかけの一つとなるはずです。


それは、日曜日に終わった4年生チームも同じですし、

そして、指導者である自分自身ももちろん同じです。たくさん足りないことがありました。たくさんの応援をいただいているのに、申し訳のない気持ちです。いつもです。。。


この2学年、いよいよ小学生のなかでもメインになっていきます。しばらく公式戦はありませんが、もう一度基礎から積み上げるチャンス。また新たな気持ちで、トレーニングに励んでいこう!

(子どもたち、早速午後に反省会を開いたという情報も・・・!)


今回もたくさんの応援をいただき、本当にありがとうございました!!次の大会では、より一層レベルアップしたプレーを見せられるようがんばっていきますので、またよろしくお願いいたします。
2014.02
11
U10札幌フットサル全市大会

一回戦 vs TIPS ○3-1

二回戦 vs 清田緑 ○3-2

準々決勝 vs ジュントス ●0-2

ベスト8で終了
悔しい
なんだか、終わっちゃったのかどうかよくわからない顔してたけど、終わるときはあっけなく終わっちゃうんだよ。。。

とはいえ
3試合を通して、良いプレーもたくさんありました。
一回戦のキックオフからのゴールは、すごかった。。。ボーイズの伝統芸になりつつあります笑
また、チームみんなで戦うことができるようになってきたと感じました。みんなに、勝ちにつながるチャンスがありました。でも決められませんでした。悔しかった顔がありました。本気で悔しがってほしい、そこからまた成長がうまれると思います。自分が決めていれば勝てたのです。チームを勝たせることができたのは、自分なのです。

成長したから、努力したから、上のレベルにいけます。でも、だからこそ、上のレベルで新たな課題が見つかります。
個人としてもチームとしても、一回りも二回りも大きくなっていこう!

今回も、応援に駆けつけてくださったみなさん、ありがとうございました!もう一つ勝たせることができず、すみませんでした。。。
2014.02
07
■9日(日)

U10 札幌フットサル全市大会 @光陽小学校

11:00 一回戦 vs TIPS

12:30 二回戦

13:30 準々決勝


U11 ジュニアフットサル交流会 @イーワン

vs コンサドーレ、石狩、デノバ


■11日(火祝)

U11 札幌フットサル全市大会 @開成小学校

11:00 一回戦 vs 伏古

12:30 二回戦

13:30 準々決勝


4年生と5年生、札幌フットサルの全市大会です!

一つでも上を目指して、チームのみんなでがんばろう!!

たくさんの応援よろしくお願いいたします!
2014.02
05
Category : 大会結果速報
Baidu IME_2014-2-4_19-45-59

Baidu IME_2014-2-4_21-46-33

Baidu IME_2014-2-4_19-47-2


■2014年2月1日

vs アンフィニ ●1-4

vs YFC ●2-3


Baidu IME_2014-2-4_21-56-50


敗退となり、今年度の6年生の公式戦が終わりました。

このチームで臨む公式戦としては最後になるだけに、できるだけ長くやりたかったからこそ、勝ちたかったです。

技術面、戦術面、メンタル面、すべてにおいて反省点がたくさんあります、後悔もたくさんあります、負けてしまったときは指導者である僕の責任、すごく申し訳ない気持ちでいっぱいで、
公式戦としては今までのように次の目標がなく、気持ちのやり場がなく、
ブログ等も書けませんでした。

けれど、翌日以降の子どもたちのことをみていたら、まだまだこれから!という前向きな気持ちになれる自分もいました。

きっと、彼らは彼らのなかで、後悔をし、傷をうけたところもあったでしょう、

しかし、それまでと変わらず、いやそれ以上に、サッカーに取り組んでいるようにも見えました。
正直、最後の公式戦が終わると、モチベーションの面でどうしても難しいところがあり、大丈夫かなと心配していたのですが、それも今のところ杞憂かなと思わせてくれました。

そして、もちろんまだまだ物足りないところもあるけれど、少しずつ殻を破ろうとしているところが多くなってきました。
お互いの顔をうかがい、必要以上に空気を読み、自分をアピールしたり、自分から先陣をきって何かをすることがなかなか少なかった6年生


けれど、今年に入り、まずショウゴが変わりました。ゲーム中も、自分から声をだし、「何かをしよう!」という気持ちを表現し、周りにアピールしていました。そのときの状況を思い返すと、すごく勇気のいることだったと思います。ゲーム中は、誰よりも一生懸命に走り、必死にプレーしていました。気持ちが積極的になるとプレーも変わり、他チームの指導者の方からも、「あの子いいね!」「あの子あんなに良かったっけ?」と褒められるようになりました。

Baidu IME_2014-2-4_21-47-35


リョウタはすごくセンスがあるのに、イマイチ気持ちにムラがあり、やりきれなかった場面が多かったですが、全道フットサル、札幌フットサルを通して、なんとかしてやる!という強い気持ちでプレーできるようになりました。悔しい、歯がゆい顔をしている彼をよくみるようになりました。U18とのスペトレ時、緊張してただろう場面で一番最初に手をあげ、感想を述べてました。リョウタが!と思いました。

Baidu IME_2014-2-4_19-45-17


その時、みんなが尻込みしてるところで同じく手を挙げたのがリョウマでした。正直、リョウマだとは思いませんでした。技術的にも、身体的にも、とても良いものがあるのに、自分から何かを表現しようとするより、周りの様子をみてしまうことが先にきてしまう彼でした。厳しいことを言ったこともあります、けれどすごく頑張れるようになってきて、しかもこの日の挙手。すごく嬉しくなりました。

Baidu IME_2014-2-4_21-55-16


同じ日、新中一の説明会のとき、自己紹介がありました。「一年生のときから、三年生、二年生の試合に出られるようにがんばります」と「アピール」していたのがトモロウです。彼が自分を出してくれ!と言ったことは多分ないと思います。札幌フットサルの最後の最後、いろんな状況のなかで、彼を出せませんでした。たぶんきっと、すごく悔しかったのだと思います。自分から、言葉で強く自己主張した彼を初めて見た気がしました。

Baidu IME_2014-2-4_21-50-1


言葉にするのは苦手、誰かに伝えるのも苦手、ふてっちゃうことも多いレン、なんだかプレーもうまくいかないなあと歯がゆさを感じているでしょう、これまでこの学年ではずっと一目置かれていた彼はいまきっと乗り越えるべき壁の前にいるのだと思います。しかしそんななかでも、プレーでなんとかしようとしていました。勝ちたいという気持ちを懸命に表現していました、それは外から見ていても伝わっていたようで、試合後に「レンすごくがんばってましたね!」と他チームの指導者の方にも言われました。

Baidu IME_2014-2-4_21-54-43


負けた時にはいつもきっと一番身にしみるキーパーのショウヤ、普段おしゃべりの彼は今年度になって試合中もたくさんしゃべれるようになり、彼がいなかったり、元気のないときには、シーン・・・としちゃうほど、大きな存在感をもつようになっていました。一見お調子者の彼が、全道フットサルのとき「いつも最初にやられるから、しっかりやれよ!」と入場する前にみんなに強く訴えていたのも、昨日の練習では苦手めなリフティングを「いつの間にか!」さらっとこなしていたことも、いい意味での驚きでした。

Baidu IME_2014-2-4_21-47-2


一見ひょうひょうとしているリョウガは、今年に入って多分一番おおきく成長しました。サッカー経験が周りに比べると少し足りなかった彼は、春先は特に正直いって足をひっぱっちゃうことも多かったけれど、彼は彼なりに課題に向き合い、彼にしかできないプレースタイルを確立していきました。フットサルになるころには、遜色ないプレーをするばかりではなく、彼がいるとチームのリズムが変わるくらいの影響力をもつようになっていました。札幌フットサル後、別の会場で会った彼の「悔しかった」という言葉と表情を、僕は忘れないと思います。

Baidu IME_2014-2-4_21-50-15


一年前と比べると身長もとても伸び、できることも増えたコタロウ、思い返せば大事なところでゴールを決めることができる選手になってきました。札幌フットサルのとき、一気に5点とったときの彼のオーラはすごかった。今回もなんとかしようとしていましたが、なかなかうまくいきませんでした。基本的には不器用なタイプ、しかし武器のある彼に、きっとたくさんの人が「なんとかしてくれ!」と思っていたでしょう。それってすごいことです。

Baidu IME_2014-2-4_21-48-20


このチームで戦う公式戦はもうありません。

しかし、サッカーはまだまだ続いていきます。

何より、子どもたちはまだまだサッカーをやりたいのだと感じさせてくれます。

このチームで過ごすのはあと2ヶ月弱となりましたが、最後まで「サッカー選手として楽しく」サッカーをやっていきたいと思います。

保護者のみなさま、いつもと変わらぬたくさんの応援ありがとうございました。そして、すみませんでした。


※1 久しぶりに長文書いたのもあり、個人に書いたのもあり、失礼になる表現があったらごめんなさい。

※2 今月は卒団の大会があります、なんとかトロフィーもらいたいな・・・コタの偶然ボレーでゲットしたらしいこのサイズのトロフィーぐらいの(髙橋コーチの腰ぐらい。トモロウサイズではなかった、ごめんね!大きくなったね!笑)
がんばろう!!

Baidu IME_2014-2-5_13-8-11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。