FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09
29
Category : 大会結果速報
9月20日 札幌ブロックリーグ 最終節  vs 立命館慶祥     2-1○
9月21日 Jユースカップ           vs サンクFCくりやま  3-2○

vs 立命館慶祥

先週の敗戦から課題がみえた「ゴール前の崩し」を重点的に1週間トレーニングを行ってきた。

このゲームは、学校の事情や累積による出場停止などで選手が集まれず、ひさびさの11人のみでの闘いになった。
90分を全員フルで闘うということは、かなりのリスクと不安が伴ってしまうものだが、やはり立ち上がりからその影響が少なからず出てしまっていた。

前半から、ゲームを支配する時間が多くなるが 、どこか消極的で最後の崩しに迫力がまったく感じられなかった。
ひとりひとりが90分持たせなければならないという思いが、結果的に長い距離のランニングや、球際の緩さにもつながってしまい、なかなか効果的に相手ゴールに迫れない。
さらに、15分頃にその悪循環が中盤でのイージーなミスパスにつながり、簡単に失点を許してしまった。

しかしそんななか、ただ一人気をはきまくっていた選手がいた!日ごろリザーブで、虎視眈々とそのチャンスをうかがっていた選手だ。
高校生になってから本格的にサッカーをはじめ、フォルテの門を叩いてきてくれた選手だが、2年間真面目に淡々と努力をしてきた。
技術的にはまだまだ未熟だが、とにかくがむしゃらに ボールを追い、最後には両足が痙攣するくらいに走り回ってくれていた。

その選手の奮起とトレーニングの成果もあり、徐々に相手ゴールまで崩す場面が多くなりだし、前半終了間際にフリーな選手を作り出すことに成功し同点ゴールをたたき込む。

ハーフタイムに伝えたこと

ただ一つ・・・前半奮起していた選手に学ぼう!!! (相手の攻撃をシャットアウトするために、少々ポジションの変更はしたが・・・)

後半、前半とは見違えるように本来の球際の厳しさと、サイドの有効な攻撃参加がみられるようになってきた。
そして、早い時間帯に相手の背後をとり、GKとの1対1を難なく決め逆転に成功。
その後も完全に支 配しながら相手を意図的にリトリートさせ、何度も相手ゴールに迫るが、PK失敗なども重なり追加点は奪えなかった。

しかし、終盤フレッシュな選手を何人も送り込んできた相手に対し多少押し込まれる場面もあったが、危なげなく逃げ切ることに成功した。


総括

守備の時間には全員で守備をしながらカウンターを狙い、攻撃の時間帯にはリスクを負って飛び出すなど、しっかりとゲームをデザインできるようになってきていた。それよりも、このゲームではいろいろな経験をさせることができたのが大きな好材料だ。
90分をはじめて経験した選手、サッカーはチームスポーツで一人ではなく全員の力を結集すれば大きな力になることなど、選手たちの人生にとっても必ずプラスになってくれることと思う。


vs サンクくりやま

3か月前のクラブユース選手権では、0-4と完敗した相手であり、相手の変化を観ながら攻撃を仕掛けられるとても素晴らしいチームとの対戦でもあった。

前半からサイドでうまく数的優位をつくられ、何度も突破されるが、クロスをしっかり跳ね返し、そのボールを拾われるも、バイタルでの守備が素晴らしく、決定的な場面はつくらせなかった。
攻撃では、序盤はロングボールで様子を観ていこうというはいりだったため、少々間延びしてしまい、サポートの距離が悪くその結果攻守ともにバランスを失ってしまっていた。
そのため、コンパクトにするために守備の場所を変更し、その結果意図的に奪える場面が増えだし、ショートパスで相手バイタルに侵入する場面も多くなった。
最後のラストパスの意図が合いだせば得点の機会も増すだろうと思っていた矢先、ゴールライン付近で粘って中央に折り返したパスをきれいに流し込み先制に成功した。

その後も、互いに特徴を出し合う好ゲームが展開されたが、前半終了間際に昨日のヒーローがこの日もやってくれた。相手ゴール左45度でボールを受けると迷わず右足を振りぬき、綺麗にミドルシュートを決め追加点を奪うことに成功した。

ハーフタイム

①・相手が人数をかけて点を取りにくると予想され、いかにカウンターをうてるかがポイントになるため、守備時のツートップのポジショニングや距離感を修正。
②・バイタルでは決して飛び込まずに冷静にコースを切りながら対応。サイドを崩されても、人を中心に最後まで体を張り続けよう。

後半10分過ぎから、徐々に相手もリスクを負って人数をかけて攻撃を仕掛けてきた。そしてなかなか効果的にカウンターもうてない時間帯が続き一瞬の隙を突かれて得点を許してしまった。

しかし、ここからが選手たちは精神的にタフになったなと感じさせられた。
続けられる相手の攻撃を冷静に対応しながら、20分過ぎに狙い通りカウンターから追加点を奪うことに成功した。

だがこの試合のドラマはまだ終 わらない。

昨日の疲れが出始め、理屈ではない苦しさとの闘いが選手たちにとってはとても長く感じられたことと思う。
残りの20分間は全員で守備をしながらカウンターという作業を繰り返し、何度もチャンスを作るが、気持ちに体がついていかずゴールの枠に入れることができない。
逆に失点を許してしまい1点差に迫られる。
ここからの10分間あまりはまさに死闘だった。互いに体を張りあい、球際も激しく、集中力が切れることなく最後の最後まで走り切りタイムアップを迎えることができた。

ここまで成長してくれた選手には心から敬意を払うとともに、いつも応援をし続けてくださった方々に心よりお礼を申し上げます。

われわれスタッフは、まだまだ選手たちから教えられることが多く、このチームの大きな可能性を感じさせられる日々です。
これからも温かいご声援を心よりお願い申し上げます。

U18監督 藤代


10433086_499764250160935_7425539165835351681_n.jpg

1622030_499764266827600_2601885254864333386_n.jpg

10268626_499764406827586_1327236377844655594_n.jpg
スポンサーサイト
2014.09
28
Category : 大会結果速報
2014/8/9-9/27

U10 プレイヤーズカップアンフィニリーグ2nd

予選
vs山の手B ○2-0
vs平岡中央 ○5-2
vsアンフィニグリーン ○5-3
vsカスカヴェウ ○4-0
vs自由が丘 △1-1
vs日新 ○5-0(不戦勝)
vsベアフット △1-1

決勝
vsアンフィニホワイト ○2-0 優勝


一日目・二日目

vs山の手B ○2-0
vs平岡中央 ○5-2
vsアンフィニグリーン ○5-3
vsカスカヴェウ ○4-0

U10プレイヤーズカップ アンフィニリーグは2日で4試合、一日目は自分たちで前向きにウォーミングアップからはじめ、いいスタートでした。山崎七郎杯では出番の少なかったメンバーも成長をみせてくれました!結果は良かったけど、もっともっとうまくできたらもっともっと楽しい、満足せずにもっともっとうまくなろう!!


三日目

vs 自由ヶ丘 △1-1
vs ベアフット △1-1
挨拶、ウォーミングアップ、一試合目の入りかた…成長している、学んでいる姿がみえました!放っておいても自分たちでなんとかできる(いやむしろどんどんやっちゃう)なあと、良い意味で感じてます。それは、自分が、サッカーをやりたいから、でしょう。でもきっと、誰かがやってるから自分もやってる…という人もいると思います。そのほんのちょっとの違いが大きな差になります、どちらになるかは、やっぱり自分次第。

サッカーのほうは、まだまだ「強い」チームになるには時間かかる内容で、おいー!(;´д`)という時間が続きますが…
時間をかけてでも、むしろじっくり時間をかけて、ほんとに「うまくて強い」チームになっていきたいと思います。
まずは今週末!残り2試合、成長みせよう!

最終日

vs日新 ○5-0
vsアンフィニホワイト ○2-0

予選最終戦は日新と対戦する予定でしたが当日に日新さんお休みが判明、不戦勝で一位通過が決定
順位戦 vsアンフィニホワイト ○2-0 で優勝しました!

前半は中央区予選で出番の少なかったメンバーがメイン、開始早々ゴールポスト直撃のシュートを二本浴びるなどヒヤヒヤするものの、正直言って予想以上の頑張りをみせ、なんとか気合いでがんばり0-0で後半へ、後半になるとボールを動かせる時間も増え、シュートも増えるなかでコーナーキックからハルヒトがヘディングで合わせて先制、終了間際には右サイドつばさが突破しゴール前へ、こぼれたボールを「ゴールの匂いを嗅いでいた」こうきが押し込み追加点で終了
この日のMVPは膝の痛みをかかえながらキーパー練習の相手をし、ベンチでは温かな声援、「ボーイズがんばれボーイズがんばれ」と祈り、ついでに僕の暖となってくれた笑、だいちゃんです!

課題はまだまだたくさんあります、もっとうまくなってまた優勝できるようにがんばろう!
寒いなか本日も応援ありがとうございました!


Baidu IME_2014-12-16_1-19-50

Baidu IME_2014-12-16_1-19-41

Baidu IME_2014-12-16_1-2-18

Baidu IME_2014-12-16_1-2-7

Baidu IME_2014-12-16_1-1-55
2014.09
24
Category : 大会結果速報
2014/9/23

U11福江杯豊平区交流大会 お誘いいただき、参加しました。

予選
vs しらかば ○6-0
vs 中の島 △1-1
一位決定戦
vs 豊園 ○1-0

こちらは勝負強さをみせるU11! 先日のU10ユリコカップで負けた相手に先輩が勝ってくれました!
最後の試合の前には、僕が「これ負けても決勝トーナメントいけるんだよね?負けてもいいよね?」と確認してみる(^-^;と、みなさん「いやいやだめです(怒)!勝ちます!」とのこと。その言葉の通り、ベンチにいるときも含めて、勝ちたい気持ちのこもった試合でした。また、全員が最低一試合の半分でながら、結果がでたのはすごく良かったです。
ただ、サッカーはもっともっとうまくできるはずだし、もっとうまくできたらもっと楽しいです。そのために、ボール扱いは自由自在に、もっともっと観て考えながら。
次は決勝トーナメント、もっと良いサッカーで、勝てる試合をしよう!
たくさんの応援ありがとうございました!

10703805_500267106777316_655244409007295619_n.jpg
2014.09
21
Category : 大会結果速報
2014/9/20

U10 YURIKO CUP
一回戦 vs 手稲鉄北 ○1-1 PK5-4
準決勝 vs 篠路 ○4-2
決勝 vs 豊園 ●0-4

結果よりなにより…サッカーがうまくいきませんでした。。。ボールを失わない、ボールを奪う、というサッカーの基本のところができなかったことが一番の反省です。特に止める、蹴るというところをもっともっと高めていく時期になってきていると思います。ただ、だいぶ集中力もついてきているので、より取り組んでいけると感じてます。絶対にもっと巧く、強くなるぞ!

今回もたくさんの応援、ありがとうございました!
そしてユリコさん、いつもありがとうございます!m(__)m

Baidu IME_2014-12-16_1-10-0

Baidu IME_2014-12-16_1-10-9

Baidu IME_2014-12-16_1-9-37

Baidu IME_2014-12-16_1-10-30

Baidu IME_2014-12-16_1-10-37
2014.09
17
Category : 大会結果速報
9月13日 札幌ブロックリーグ第12節 vs札幌工業      0-1●
9月14日 Jユースカップ   第 1節 vsクラブフィールズ  5-2○
9月15日 札幌ブロックリーグ第13節 vs札幌大谷      1-4●

中断期間を経て、札幌ブロックリーグが再開するとともに、Jユースカップ北海道ラウンドも開始された。
日程・会場の関係上90分ゲームを3連続という、選手にとってはあり得ないほどのハードスケジュールになってしまった。

この3戦を、実りのある充実した3日間にするための工夫が求められた。


1日目のブロックリーグの札幌工業戦は、リーグ上位に位置するチームをどう撃破するかに焦点を当てて臨んだ。
ゲーム内容は、ボールは支配しながらアタッキングゾーンに何度も侵入するが、そこから勇気をもってボッ クス内に侵入できず、結局外で回す場面が多く、効果的にフィニッシュまで持っていけない。
原因は、サイドを有効活用できなかったことにあった。失点しないことを優先してしまい守備のバランスをとろうとするあまり、リスクを冒してでも得点を取りにいくということができなかった。試合前のミーティングで、「このゲームでは失点をしないことが大切」いう守備に関することを伝えたがために、結果的に攻撃が消極的になってしまった可能性がある。
指導者の言葉ひとつで、ゲームが左右されてしまうからこそ、我々指導者もまだまだ成長をしていかなければならないということを痛感させられた。
結局このゲームは、残念ながら終盤にミスから失点してしまい敗れてしまった。

2日目のJユースカップは、勝ちが絶対条件となるために、全精力をかけて何としてでも勝ち点3を奪取するという強い思いを込めて臨んだ。
そのかいもあり昨日とはうって変わって、中央突破を狙いつつサイドも有効活用しながら何度もゴール前に侵入し前半だけで3点のリードを奪うことができた。
ビルドアップと守備も安定しており、後半早々に4点目が入った時点で、明日のことを考慮しながら、新戦力を経験のために5人交代枠全員送り込み、終盤2失点してしまったが危なげなく勝ち点3を奪うことに成功した。

3日目のブロックリーグは、来年度のチームつくりも視野に入れながら、1・2年生を中心にU15の選手を積極的に ゲームに参加させた。
全体のスピードと技術で上回る札幌大谷相手に、コレクティブな守備で応戦しどこまでできるのかが楽しみなゲームでもあった。
開始早々から、相手の前線からのハイプレスにボールを失う場面も何度か見られたが、それに臆することなくビルドアップにチャレンジしてくれていた。
しかしながら、攻撃の原則である相手の背後をとるということができずに、足元で受けようとすることが多く、攻撃が単発に終わってしまっていた。
前半はビルドアップのミスからの失点などがあったが、1-2で折り返すことができた。
後半も積極的に選手を替えながら、相手のサイド攻撃を封じ中盤で意図的に奪ったボールをシンプルに攻撃に繋げ、何度もビックチャ ンスを作るがシュートミスでなかなか得点を奪えない。徐々に疲れが見えはじめたころから、不用意なファールの回数が増えてしまい、セットプレーから失点を重ねてしまったことは残念だが、全体的によくまとまった好ゲームだったと思う。
何よりも、このゲームでバックアップに回ってもらった3年生たちが、積極的にその仕事をまっとうしてくれていたことには心から感謝した。
ここに『フォルテ・イズム』を感じることができ、感無量だった。

総括

中断期間中、サッカーの4局面のうちの、攻~守・守~攻の切り替えを速くするトレーニングを繰り返し行ってきた。その成果は間違いなく出ていたが、まだまだ1秒かかってしまう選手が多くいて、理想 とする0秒切り替えには日々のトレーニングが必要だ。
ただ、今まで継続していた攻守ともに相手を観て判断していくということと、全体のサッカー理解を深め、局面にあったプレーの選択をしていくということは、かなり成長がみられた。

今シーズン公式戦残り2試合になったが、全力で準備し、心身ともにベストな状態で臨めるように取り組んでいくつもりなので、今週末も応援よろしくお願いいたします。

10593220_496065013864192_5018369897608319956_n.jpg

10606064_496065297197497_3634858527427974485_n.jpg

10696165_496064877197539_2089214751957986024_n.jpg

10636034_496065137197513_6324028225684478860_n.jpg

10394776_496065223864171_1216024040303920160_n.jpg

10433086_499764250160935_7425539165835351681_n.jpg

10659401_496433800493980_2095282970854834707_n.jpg

10438416_496433737160653_6785693730588209162_n.jpg
2014.09
15
Category : 大会結果速報
U10札幌市大会 中央区予選
2014/9/14
予選リーグ
vs 緑丘 ○4-0
vs 円山 △3-3

うまくて強いチームになるために、
朝からたくさんの失敗をしましたが、一つずつ学んでいきましょう。
良い選手になるために
良いチームになるために
強いチームになるために
明日は決勝リーグ!

2014/9/15
決勝リーグ
vs 宮の森 △2-2
vs サフィルバ ○3-2
得失点差で二位になり、全市大会にはいけませんでした。
宮の森戦、個の力がある選手の多い相手に対し、どう守るかを考えるとき最大の守備である「ボールを渡さない」というところに前半からチャレンジできました。試合開始からボール保持しながら相手のゴールに迫りますがゴール前の迫力、シュートというところが欠けていて得点できず。後半に入りやっと先制するも大きなボールから失点、その後右サイドをしっかりと崩し逆サイドで得点を奪うが、そのキックオフから相手にスーパーゴールを決められ同点。サフィルバ戦で10点奪わないといけない状況になってしまいました。正直きっとみんな「そりゃ無理だ」と思っちゃったような気がします…もっと違う言い方ができたかな・・・やはり2試合続けてテンションの高い試合は難しい、だからこそ1試合目に出ていない選手の奮起を促すことも必要だったかもしれません。

中央区の四年生、各チーム例年以上に特長がある、良い選手がおり、とっても厳しい4試合でした。切磋琢磨し、成長していける環境!そのなかで、プレッシャーに負けずにこれまでやってきたことにチャレンジすることができました。奪ったゴールは、偶然なものではなく、どれも自分たちで相手を崩した素晴らしい得点でした。今回は次につなげることはできませんでしたが、彼らが進んでいる道は間違ってはいないです。

「圧倒的な個」の前にゴールを許してしまうところが多かったですが、「個が足りてないから組織で」とは考えません。彼らの進む「チームとしてサッカーする」なかで、それぞれが「圧倒的な個」になり、それが集まったチームはすごく強いです。そしてそれは最初にでる何人かだけではなく、全員がそうなればもっと強いチームになります。いまは差があっても必ず追いつき追い越せます。だって同じ年齢、同じ札幌市民、何が変わるわけではなく、すべて自分次第。

今回足りなかったことから学びながら、この道を進んでいって、もっともっとうまくて良い選手に、うまくて強いチームに!

今回もたくさんの応援、ありがとうございました!子どもたちが個人で感じただろう悔しさや、チームで感じた悔しさとともに、まだまだレベルアップしていきたいと思います!

10538649_496484253822268_2795504234797284086_n.jpg

2014.09
13
Category : 大会結果速報
U12 こくみん共済リーグ 6日目

vs DENOVA ○4-2
vs 日新 ○6-0

2連勝!
前節は決定機を決めきれないまま、そうこうしているうちに同点、逆転を許す…という「これぞサッカー」という展開となってしまいました。「決めなければいけないときに必ず決める」ことが必要、その点に関しては改善できてきていました。
ただ、何かが良くなれば次の課題、そうやって成長していこう。これまでは相手のミスも絡み決定機が「転がってきた」こともありました、しかし自分たちから相手をもっと崩すことができたら、もっともっと決定機は増えるはず。「サッカーの理解」というところも少しずつ考えていかなければなりません。
もっともっとうまくなって、もっともっとサッカーしよう!

リーグもいよいよ残り一日、一位目指してがんばろう!

写真は永久保存版!イキイキしてた50番ヤスダ選手!と、なんかキーパーになっちゃったクロダ選手!

10427256_496020303868663_7734642705635411904_n.jpg

10636220_496020327201994_7393946004189648894_n.jpg
2014.09
09
Category : 大会結果速報
2014.9.7

U12会長杯 1回戦 vs LIV ●0-0 PK1-3

サッカーの指導者としては、ほんとうは思っちゃいけないことかもしれません。

でも、

感動しました。


うまくサッカーができた場面は、すごく少なかったかもしれません。

でも、必死に、ひたむき、がむしゃらに、「勝ちたい」という気持ちで、戦っていました。

ぜんぜん上手じゃなかったけど、でも心を打たれる試合でした。


今回学べたこと。1

「悔しかったか?」 ― 悔しかった。

「楽しかったか?」 ― 楽しかった。

「楽だったか?」 ― 苦しかった。でも、楽しかった。

今年、全道でもトップクラスの強い相手、いろんな緊張感や不安、試合が始まっても失点しそうになったり、抜かれそうになったり、各自が100%ださないとやられちゃいそうな試合。体力的にはとっても苦しかった。

けど、楽しかった。

それが、きっと本当の「サッカーの楽しさ」です。

何かを達成する過程には、苦しいこと、つらいこと、きっとある。苦しいから、つらいから、やめたくなる。けど、それでも歯を食いしばってがんばって、たどり着いた先。

「楽しい」という気持ち。達成感。自信。


今回学べたこと。2

個人個人ではたくさん失敗をしました。たくさんミスパスし、たくさん抜かれ、たくさんシュートをうたれた。

でも、チームとしては0-0、失点してない、負けてない。

なぜか?自分が失敗しても、フォローしてくれる、助けてくれる「仲間」がいたからです。

誰か一人でも、「自分はがんばってる」「他人なんてどうでもいい」「なんであいつミスしてんだよ」という選手がいたら、負けていたでしょう。

でも、そんな選手はいなかった。なぜか?みんなが「試合に勝ちたい」という目的を共有していたから。
サッカーはチームスポーツ、自分が自分の責任をまず果たすこと、それでも足りないときは、助け合えばいい。
だってチームメイトは敵ではなく、同じ目的を目指す仲間なのだから。



試合前に選手たちにも伝えましたが、これまでの結果だけ見たら、第3者は皆「負けるだろう」と思ってしまう相手。
そんな試合、選手たちは、とても頑張りました。そして、本当に大事なことを心で感じたと思います。
そしてそれはきっと、この試合だけでは感じることはできませんでした。
これまでのたくさんの練習、試合、大会、遠征、嬉しかったこと、悔しかったこと、・・・・ほんとうにたくさんの積み重ねがあって、お互いに共有する部分があって、この試合。
なかなかうまくいかなくても、温かく(時には厳しく?)応援してくれるお父さんお母さんたちがいて、遠征や合宿にいかせてくれるお父さんお母さんたちがいたからこそ、この試合がありました。本当にありがとうございました。選手たちはどうかわからないけれど、自己満足かもしれないけど、僕はほんとうに心が動き、この試合に立ち会えて良かったと思いました。

試合で目立っていたのは、やはり6年生。それぞれの色を出して、それぞれの役割を果たしてくれました。
マナヤは前線で相手に脅威を与え、味方に勇気をくれました。
ユウタは得意のサイドプレー、キックでチャンスをつくりました。
ユウタロウはキープ力とインターセプトで中盤でボールをマイボールにし、
タクはドリブルで時間を作りながら、最後まで頑張り続けることができました。
センターバックのショウイン、5年生のカバーをしながらDFライン最後の砦となり、
それでも防げなかったボールはGKユウマがファインプレーで防ぎました。
本当にサッカーが下手で、サッカーがわかっていなくて、どうしよう…なのになぜか「気持ち」でなんとかしてしまうこの学年の底力を今年やっとみせてくれたような気がします。

試合は引き分け、決定機も何本かあったし、本来PKには実力差はないし、勝ちきれなかったことに、サッカーのコーチとしては責任を感じています。サッカーを上手くする点に関して、足りなかった。もっと勝たせたかった…
充実感の半面、悔しい気持ちもあるだろう選手たちとともに、これからまたリスタートします!
たくさんの応援、ありがとうございました!

20140907_120625_Android.jpg
2014.09
09
Category : 大会結果速報
2014.9.6

U12 こくみん共済リーグ

vs 真栄 ●1-2

vs 西野第二B ○6-1


vs 真栄 前半はたくさんチャンスがありました。決定的なチャンスがたくさん。8割でも決めていたら試合は決まっていました。しかし決まったのは1点だけ。そのツケが後半に・・・サッカーってそういうものです。せっかく1位になれるチャンスだったのに…

ゴール前であれだけ決まらないのは、やはり技術不足、自信不足。決定力がなさすぎました。課題は明確です。

リーグ戦も残り2日間、4試合。1位までの勝ち点は3。いまのところ自力では一位になれませんが、しっかり4試合やりきり、順位あげていこう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。