RSS
Admin
Archives

サッポロボーイズFCフォルテ スタッフブログ

北海道札幌市で活動しているサッカークラブです。サッポロボーイズFC U12山鼻、FCフォルテU15、FCフォルテU18・・・幼稚園・小学生から中学生・高校生まで!

プロフィール

sapporoboysfcforte-staff

Author:sapporoboysfcforte-staff
特定非営利活動法人サッポロボーイズ
北海道札幌市で活動するサッカークラブです。

小学生:サッポロボーイズFC U12山鼻
中学生:FCフォルテU15
高校生:FCフォルテU18
幼稚園~小学生のためのサッカースクールも開催中

2001年 サッポロボーイズFC U15
2004年 サッポロボーイズFC U12山鼻
2004年 NPO法人格取得
2012年 FCフォルテU15(サッポロボーイズU15+北海道朝鮮中サッカー部)
2012年 FCフォルテU18(←北海道朝鮮高校サッカー部)

最近の記事
Facebook
リンク
カテゴリー
お知らせ
☆FCフォルテU15、現中1・中2ゴールキーパーを募集しています。 ○コメント欄について みなさまからお寄せいただいたコメントにつきまして、こちらで不適切と判断した場合、コメント者さまに断りなく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05
30
2016/5/29

4年生以下みんなで、長沼に日帰り遠征し、マオイフェスに参加してきました!

4年生…身体能力の高い相手に何もできずに完敗でした。課題のでた一日!

2年生以下…練習してきた成果が出ていました!疲れて足がとまってしまったり、サボってしまったりして、失点してしまうところもありましたが…全体としては良くなってきているなあ!と感じました。まだまだうまくなるぞ!

Baidu IME_2016-6-15_13-10-4

帰りはソフトクリーム食べました^^

トキ!なまらおいしそうに食べてるな~!!笑

Baidu IME_2016-6-15_13-10-20

Baidu IME_2016-6-15_13-13-4

Baidu IME_2016-6-15_13-13-23

Baidu IME_2016-6-15_13-13-41
スポンサーサイト
2016.05
23
Category : 大会結果速報
2016/5/21

U15札幌ブロックカブス5節 結果

vsSSSサクセス 結果 0-0 スコアレスドロー

※5節終了時 時点 3勝1敗1分け 勝ち点10

この試合までの2週間の中でチームに少し変化がありました。
チームの先頭に立っていた選手が規則を破り結果的にチームに迷惑を掛けました。彼らは今チームのサポートをしています。
その抜けたチームのピースに力が伸びて来ている2年生の3名が入り今節を戦いました。

結果0-0のスコアレスドロー。
内容はゴールを守る事は質を向上させ、試合でその力を発揮して、目標を達成することが出来ました。
数的を優位を作らせず、バイタルエリアでは相手に多くのスペースを与えずに守ること。チャンスは幾つか作られたものの得点を許さずに試合を終えました。
ゴールを奪う事、ボールを運ぶ事は残念ながら相手のボールを奪う力に優ることが出来なかったと言っていい内容でした。
前半は自分達に流れを引き寄せ相手コートに押し込んだ時間はありましたが、シュート数はわずかな本数。有効的に裏のスペースに起点を作ること、数的優位は状況を作ることが出来ませんでした。後半はほぼ防戦一方、そうなった原因はひとつではありませんが、攻撃に割く体力を守備に割いてしまったのが大きなポイントでした。

結果的に勝ち点1を獲得できたことは、選手が全力を出した喜ばしい結果です!

2年生がスターティングに5名出場、今節の試合が5節の中ではベストゲームでした。ベンチに座ってウズウズしてた2年生選手がまだまだいます、3年生が意地を見せてくれるのか、はたまた2年生が主役に出てくるのか。次節に期待が膨らむばかりです!^ ^

今週末、リーグ中断前の大事な試合です。
修学旅行で欠席の選手もいますが、チャンスだと出てくる選手に期待していて下さい!

暑い中、熱い応援有難うございます❗️
反対側ベンチサイドまで声は届いていますよ!
来週は必ず団旗持って行きますm(__)m
※マエソウ応援団長忘れてすみません( ; ; )
次節も宜しくお願いします❗️

Baidu IME_2016-6-15_16-37-58

Baidu IME_2016-6-15_16-38-16

Baidu IME_2016-6-15_16-38-32

Baidu IME_2016-6-15_16-38-49

Baidu IME_2016-6-15_16-39-8

Baidu IME_2016-6-15_16-39-40

Baidu IME_2016-6-15_16-39-57

Baidu IME_2016-6-15_16-40-27

Baidu IME_2016-6-15_16-40-43

Baidu IME_2016-6-15_16-39-24
2016.05
16
Category : 大会結果速報
2016/5/15

高円宮杯 U-18 札幌ブロックリーグ 第4節

FCフォルテ vs 札幌龍谷学園 結果 △ 5-5 得点者:瀬戸邑哉、阿部晴和、金賢樹、金賢樹、瀬戸邑哉

たくさんの得点を挙げることができましたが、失点も多い試合となりました。
課題を一つずつクリアしていきます!
今回もたくさんの応援ありがとうございました!

〈レポート〉

総評
 前節終了後、心身ともに疲弊していた感じがあったため、1週間のトレーニング内容はライトにし、戦術的な要素はあまり入れなかった。どちらかというと頭の中をしっかりとリセットして良い状態で迎えられるよう戦う準備をしていった。
 前節の勝利からどんな心理状態でこの日を迎えたか。選手たちの中で自分たちは強い、次も余裕だろという気持ちがどこかにあったのではないか。そう疑ってしまうようなゲームであった。
 私自身も気を緩めたらそういう気持ちが出てきそうで意識的に押し殺そうとしてはいたが、選手たちにはそういう気の緩みが伝わっていたのかもしれない。そこをコントロールできなかったことが一番の敗因だと思う。
 攻撃は5点を取ったがその内セットプレーから3得点、守備に関しては前節でのミスを同じように繰り返し新しい課題の出ないすごくもったいない失点の仕方であった。
 残り5分もあれば完全に逆転されるような雰囲気であった。開幕戦のモチベーションと比較するともっとできることがあったはず。
相手に負けたというよりも自分たちに負けた。一番の敵は自分自身の中にあることを再確認できたゲームでもあったし、フットボールはそう簡単ではないことを改めて痛感したゲームでもあった。

ゲーム前
① 全体をコンパクト(25~30m)にしながら魚の群れのように一体感を持ってラインアップ、ダウン、スライドして行こう。その中でチームとしての奪い所を逃さずに奪い切ろう。
② 攻撃に優先順位をつけながらゴールから逆算されたプレーを意識しよう!
③ 理屈で考え過ぎずにシンプルに全力で!ゴールを奪う、ボールを奪う、ゴールを守る!

前半 4-4-2
 守備に関しては、修正しなければならないことが2点ある。
 ひとつは、ボールウォッチャーになり逆サイドの選手を完全にフリーにしてしまう事。これは選手の距離感とコーチングで解決する問題と思っていたが、ちょっと違う感じがした。
 なぜ同サイドに寄ってしまうのか?恐らくボールにアタックしている選手が簡単にかわされ突破されるから余計にカバーしてしまい、釣り出されてるのかなと観てて思った。リアリティーに欠けるが、ボールサイドでボールに対してアタックしている選手がチアゴ・シウバやセルヒオ・ラモスのように対人に強くスピードのある選手であれば、そんなにカバーしなくても大丈夫なはずだ。結局抜かれそうになっているからどうしても寄ってしまうのだと思う。カバーというよりも1stDFの個のところにもっとフォーカスすべきだと感じた。
 もう一つはボールがない時にどれだけ相手より先に触れるポジショニングを取れているかという部分である。仕事をしていない時間が多すぎてボールがきた時に一生懸命処理しようとはするが、時間的な余裕が無く、サボっていた分時間に比べて仕事量が多すぎて結局慌ててしまい何もできずに相手が仕事をしてしまうという流れである。
 常に今すべき仕事をさぼらずにやり続けること。これは日常生活でも同じことが起きている。あとででいいや、なんとかなるだろう、誰かがやってくれるだろうと思っていたら、、、こういうところから見つめなおす必要がある。

 攻撃は中盤で奪った瞬間のFW2枚の背後へ飛び出す迫力はあった。その分中に絞られた相手守備陣の両サイドのスペースにSHが気づけていなかった。そこに気づけていたらもっとゴールに迫れたと思う。

ハーフタイムに伝えたこと
① できるだけ同サイドで奪い切ろう。ボールにアタックしている選手がもっと責任感を持って守備しよう。
② 攻撃している時にSB,CB、GKでコミュニケーションを取り事前に良い準備をして、相手より先にボールを触れるポジショニングを取ろう。
③ 奪った後のFWの迫力はOK!それにプラスしてSH、SBの前のスペースを有効活用しよう。

後半 4-4-2
 両SBの背後を簡単に突かれたこと、中盤で不用意に失ったことが失点につながった。
 両SBは完全に準備不足、予測不足である。ボールと相手を同一視野に入れずに対応しようとするため、スタートが遅れる。
 中盤で失うことに関しては、失うのが恐いから判断なしに蹴ってしまうというのは避けなければならない。積極的にチャレンジさせながら、ボールを持ってほしい。その中で奪われた瞬間、もっと言えば奪われそうになったそこから守備をしていくこと。(理想はバルセロナのように)
 次節までの3週間は守備の部分でしっかりと修正し、ゲームが崩れないようにする。

 ゲーム後、選手たちはひどく落ち込んでいた。これが全てではないけど、少しずつではあるが勝負に負けたくないという気持ちが出てきたのかなとも思う。
 しかし、リーグ戦はこちらの事情は無視して次から次へとやってくる。反省するのも大事だが、次に向けた準備をしていきたい。
 この3週間という期間がものすごく重要になってくると思う。
「神は細部に宿る」こんなところまで?と思うくらい選手、スタッフ全員が細かい部分までこだわりを持っていく必要がある。サッカーの2時間はもちろん、サッカー以外の22時間のところをもっともっと突きつめて高めていかなければならない。

今後の課題
① 個の向上(攻守)
② トランジションの早さ追求
③ ポゼッション(パス&コントロールの質、観る観ておく、体の向き、受けるポジショニング)

Baidu IME_2016-6-15_17-3-5

Baidu IME_2016-6-15_17-2-33

Baidu IME_2016-6-15_17-2-49
2016.05
16
Category : 大会結果速報
2016/5/14

こくみん共済リーグ二日目
vs 手稲東 ○3-1
vs 元町A ●0-1

2016/5/15

バーモントカップAチーム札幌地区予選
vs 中の島 ○8-3
vs 宮の丘 ○4-0
札幌ブロック予選へ!

サッカー&フットサルの土日!

土曜日こくみん共済リーグ、痛い二敗目…ビルドアップから中盤のエリアでは成長みせています、課題のアタッキングサードも、人数をかける中で良いかたちが作れる場面も出てきました。チャンスはあるものの決めきれず、もったいない(しかたのない)失点を取り返しきれませんでした。しかし、四年生のときに何もできずに大敗した元町さん相手に手応えの感じる試合でした。それだけに悔しい…

日曜日バーモントカップは決して楽な試合ではなかったけれど、良いタイミングでゴールが決まり、なんとか札幌ブロック予選に進出しました。

次の公式戦までは少し時間があきます、しっかり課題に向き合い、良い練習を積み重ねていこう!
たくさんの応援ありがとうございました!!

Baidu IME_2016-6-15_16-58-34
応援にきてくれたBチームメンバー!
今大会は2チームにわかれているけど、同じサッポロボーイズ!
2016.05
16
2016/5/15

サッポロボーイズFCフォルテ保護者会総会&講演会!

今年の講演会は、羊ヶ丘病院の三島先生にお願いし、「成長期とスポーツ障害」という題目で、実技をあわせて講演していただきました。
Baidu IME_2016-6-15_16-50-54

Baidu IME_2016-6-15_16-51-9

たまたまオスグット発症中のコーキのおかげで、より実感のこもった講演に笑

改めて勉強することができました。三島先生ありがとうございました!

参加してくださったみなさん、お疲れさまでした!

子どもたちにしっかり筋トレさせていただけたらと思います!笑
2016.05
09
Category : 大会結果速報
2016/5/8

高円宮杯 U-18 札幌ブロックリーグ 第3節
FCフォルテ vs 北海2nd
結果 ○ 2-1
得点:金竜樹、金賢樹
今シーズン初勝利です!
強風に煽られながらも前半を無失点に抑え、追い風になった後半に失点してしまいましたが、その後2点をもぎ取り逆転勝利しました!
2部昇格に向けて大きな一歩を踏み出すことができました!
来週の試合に向けてまたトレーニング頑張ります!
応援してくださった皆様ありがとうございました!!

〈レポート〉

総評
 前節から2週間、OBがトレーニングに参加してくれたり、U15と北海道朝鮮高OBとのトレーニングマッチといろんな人たちに力を借りながら良い状態でこの日を迎えることができた。本当に感謝したい。
 このゲームの2日前のトレーニングでなにか今までぐちゃぐちゃに絡まっていた糸がスルッとほどけるように、みんなの頭の中がきれいに整理されたような感じを受けた。
 
 この日の結果だけを見れば、まぁ良かったと言えるが内容自体はそんなに良いものではなかった。強風に煽られながらのゲームということもあって、できることが限られる90分間であった。

ゲーム前
① 優先順位を守りながら常にゴールから逆算してプレーしよう!
② 4:6、3:7のセカンドボール、こぼれ球でもすべて自分たちのものにしよう。そのためにいつも相手より先に触れるポジションを意識しよう。
③ 風を頭に入れてプレーをしよう。

前半 4-4-2
 風下のスタートだったため、我慢の45分が予想された。しかし、あまりの強風に相手も思うようにボールを持てず、互いにサッカーをしていたとは言い難いような感じであった。
 それでも選手たちはそれぞれに与えられた役割を果たそうと力を発揮してくれた。特に中盤でのセカンドボールの奪い合いでは激しく戦ってくれたおかげで完全に相手にイニシアチブを渡すことはなかった。
 前半相手のシュートを0本に抑えられたことはものすごく大きかった。
 前節同様、守備時にSHがDFラインまでどうしても入ってしまう状況があり、何度か中盤の空いたスペースを使われていた。原因は1人1人の間隔が狭く、逆サイドのSHが入らざるを得ない状況だった。

ハーフタイム
① DFラインの1人1人の間隔を少し広げてSHをラインに吸収されないようにすること。
② ボールを持ったら優先順位は常にゴールから。良い状態であればどんどんゴールを狙おう。
③ パスはいつも通りに出していたらキーパーにキャッチされたりラインを割ったりする。どんな工夫ができるか?(選手たちからは少し滞空時間の長いボール、斜めのパス、足下へのパスなどの意見が出た)

後半 4-4-2
 まだまだ質は低いが、背後を常に狙いながら風を考えたボールの質を心掛けていた場面が見られた。普段はそういう質では通じないが、この日は風があって相手が処理に困った。相手が困るようなこと、嫌がることを意識できていた。
 我々のFWが相手DFラインとの駆け引きをしてくれたことによって、ハーフライン全員が積極的にゴールを狙えていた。
 相手が背後を狙ってくることは予想できたので、積極的に前からプレッシャーをかけることにした。少し前がかりになっていてFWのプレッシングが中途半端になったところでサイドを突破されて失点してしまった。
 前線の選手からここを簡単にやられたらまずいという雰囲気が感じられなかった。ものすごくもったいない失点だった。
 だが失点後もキーパーがナイスセーブをするなど、流れを相手に完全にあげることはせず、残りの30分間を戦った結果、同点、逆転することができた。ゴール自体はラッキーではあったが、勝利を引き寄せることができたのは選手たちがやりきった結果だと思う。

 昨年はリーグ戦での勝利がなかったため、久しぶりの勝利であった。どんな形であれ真剣勝負の中で勝利する気持ちよさを選手たちには忘れてほしくない。この結果はすべて自分たちで引き寄せたもの、サッカー以外の部分でも一緒でやった分だけ返ってくることを忘れないでほしい。
 2部昇格がこれで達成されたわけでもないし、我々はなにも獲得していない。また月曜から新たな気持ちで挑戦を続けていく。もっともっと強い集団を目指していく。

今後の課題
① ポゼッション(パス&コントロールの質、観る観ておく、体の向き、受けるポジショニング)
② 守備時の選手間の距離
③ チャンスを逃さない(攻守ともに)

Baidu IME_2016-6-15_17-20-42

Baidu IME_2016-6-15_17-20-56

Baidu IME_2016-6-15_17-20-26
2016.05
09
Category : 大会結果速報
2016/5/8 

U12バーモントカップBチーム 札幌地区予選

vsボニータ ●1-2
vs太平 ●1-6
vs新光 ●0-3

ピッチ内外でたくさんの失敗をして、個人としてもチームとしても、足りないところをたくさんつきつけられた今大会

緊張から2失点、怒濤の追い上げをみせたが届かなかった初戦の敗戦から、勝負の2試合目も先に失点してしまい…(試合間に騒動もあり)心が折れてしまった時間帯もあって2敗、最終戦を前に予選敗退が決まっていました。

「どうする?もう勝っても次にはいけないけど。やめちゃう?」

意地悪な質問に対し、ある選手

「いや、やる。自分のためにやる。次につながるから」

3試合目、勝てなかったけど、うまくなるため、強くなるため、最後まで闘いきった選手たち。その積み重ねが、必ず自分のためになるはず!

少しずつだけど、一歩ずつ。

この一日が、大きなきっかけの日になるように。
がんばっていこう!!

本日もたくさんの応援、ありがとうございました!
6年生を二つにわけての参戦ですが、チーム分け関係なく、学年あげての応援!負けていても大きな拍手と声援、本当に選手たちの力になりました。良い結果ではなく、申し訳ない気持ちですが、この悔しい気持ちを忘れず、あたたかな応援に応えられるように、日々の練習をがんばります!

Baidu IME_2016-6-15_17-17-11

Baidu IME_2016-6-15_17-16-51

Baidu IME_2016-6-15_17-16-26
2016.05
08
U15ブロックカブス第3節、4節 結果

2016/5/4 第3節 DENOVAセカンド 4-0

2016/5/7 第4節 CASCAVEL 4-0

☆リーグ戦績 4戦3勝1敗 勝ち点9

2節に続き3連勝を飾ることができました!これも悪天候の中応援に来てくれる、お母さんお父さん、ちびっ子達のおかげです!皆様引き続き応援よろしくお願いします‼️(`_´)ゞ

内容は、どこか緊張感を欠いて試合に入るチームのパフォーマンスに不甲斐ない、力が発揮しきれていない、波に乗れていない感が濃く、自分たちのサッカーを始めるまでに時間が掛かっている現状。良くない流れの中でも先制点を先取することで相手チームより優位に試合を進めることができているだけ。

今後の試合は、ゲームスタート最初の10分が重要になってくるのは間違いなさそうです。

初戦敗戦スタートを引っ張らずに良い流れを作りつつあります。更なるチーム強化はチームトレーニングでの競争から、2年生が着実に力を付けてきています、近々Aチームデビューする選手もいるかもしれません、、、3年生がそれを跳ね返しスタメンを死守できるか、夏に向け熱く戦い、成長していこう!

Baidu IME_2016-6-15_17-9-42

Baidu IME_2016-6-15_17-9-58

Baidu IME_2016-6-15_17-10-13

Baidu IME_2016-6-15_17-10-28

Baidu IME_2016-6-15_17-10-42

Baidu IME_2016-6-15_17-10-58

Baidu IME_2016-6-15_17-11-13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。